ハゲタカ(ドラマ)

真山仁の原作を、NHKがドラマ化して映画にもなった。
映画版は観たが、原作は未見。

出演は 大森南朋 柴田恭兵 栗山千明 松田龍平 etc.

元銀行員の鷲津政彦(大森南朋)は、銀行を退職後渡米。
アメリカの投資ファンドで働き、ファンドマネージャーとなって
帰国。バブル崩壊後の日本で、非情な企業買収に乗り出す。

私のような庶民というか低所得層(貧乏人とも言う)には
縁のない経済の世界のあれこれが、ざっくり分かって
とても面白かった。そして何よりもこのドラマで一番惹き
つけられたのが田中泯という俳優さん。

経営難に陥った総合電機メーカー大空電機の技術者で
特殊なレンズを磨くプロフェッショナル。大空電機の老いた
創業者大木を演じた菅原文太さんも、渋くて素敵でしたが
田中泯さんの迫力というかオーラは、とにかく凄かった。
なんかこう鳥肌の立つ感じだった。

田中泯さんは、もともとはダンサーなのだが、舞踊家とか
俳優とかのジャンルに縛られず、自らの肉体を駆使して
なにものかを生み出す行為の一環としてダンスも演技も
あるという自由な思想が、あの独特の存在感の所以かな
とも思う。

その後「田中泯」という名前を見かけると、ドラマも映画も
観るようになった。ドラマでは「竜馬伝」映画では「メゾン・
ド・ヒミコ」「外事警察その男に騙されるな」など。最近では
NHK朝ドラの「まれ」にも出演されていた。やはり一度観た
ら忘れられないくらいインパクトがあった。

個人的に一番好きなのは「メゾン・ド・ヒミコ」なのですが
これがまたしてもゲイの世界の話で、あまりBL好きと思われる
のもアレなので(嫌いではないですが)今回は田中泯さんと
の出会いになった「ハゲタカ」を。

でもここだけの話、田中泯さんってスーツ似合わない。
やはり画一化されたファッションの象徴であるスーツで
包み込むのには無理がある、肉体と精神の持ち主なの
かもしれません。




スポンサーサイト

火の魚

映画でもドラマでも、昔から恋愛物は
それほど好きではない。
たまたま観ていて「あっ、これちょっといいかも」
と思うくらいで、たいして思い入れがない。

けれどそんな私でも、稀にどストライクというのに
巡り合えることがある。
その一本がこの「火の魚」

原作は室生犀星 
2009年 NHK広島放送制作のドラマ

出演 原田芳雄 尾野真千子

広島の小さな島に住む老作家村田(原田芳雄)のもとに
東京から、若い女性編集者折見とち子(尾野真千子)が
原稿をもらいに通ってくる。偏屈で孤独な村田は
最初はとち子が気に入らず、何かと難題をふっかけるが
次第に彼女の編集者としてのセンスや人柄に魅かれていく。
けれどとち子は、何も言わずに突然村田の許を去った。

やがてとち子が、がんで入院していると知った村田は
白いスーツ姿で、抱えきれないほどの真っ赤なバラの
花束を抱いて船に乗り、とち子の病院に向かう。

「火の魚」というタイトルは、自分の本の装丁を、金魚の
魚拓にしようと思いついた村田が、とち子に魚拓を
作ることを命じて、とち子が金魚を殺し魚拓にする。
その息詰まるような緊迫感のあるシーンから来ている。
村田は、とち子が現れなくなってから全てを理解し
自分の心の奥底に封じ込めていた想いに気づく。

村田から、バラの花束を受け取ったとち子が言う。
「先生、私今モテている気分でございます」
村田がつぶやく。
「あながち気のせいでもないぞ」

まさに、これだよなあ、これという感じで
柄にもなくこみあげるものがあった。
愛してるという言葉もなければ、抱擁もキスもない。
病気だから悲しいというようなやり取りも涙もない。
余命がなんとかというような野暮な話もない。
それでも私には「至高の愛」と呼べるような
究極の恋愛ドラマだった。

俳優さんも、これしかないというベストなキャスティング。
原田芳雄さんが亡くなられた時に、追悼特集で放送され
DVD化もされているようなのがうれしい。
制作からずいぶん時間が経って、あまり日の目を見ること
もない作品ですが、もしもそういう機会があれば
またどなたかの、目や心に留まればと願っています。


真田丸

最近ネットで「真田丸はなぜ面白いか」というような
記事を見かけることが増えた。
この数年低迷を続けた大河ドラマだが
「真田丸」はここまでまあまあな視聴率を保っている。

私も「龍馬伝」以来8年ぶりに
大河ドラマを毎週欠かさず観ている。
脚本が三谷さん云々という話はひとまず置いて
どうして「真田丸」は面白いかを考えてみた。

伊藤計劃さんの「映画時評集」の中に
こういう一文がある。

「実は映画がもっとも苦手とするのがこいつ
(心理)だったりする。(映画は)こと心理を
描く段になると哀れなまでの無力ぶりをさらけ出す。
このことをわかっている人は意外と少ない」

確かに、目に見えないもの(心理)は映しようがない。
それでは映画やTVなどの映像が得意とするものは
何かといえば行動、アクションということになる。
苦手な心理を伝えるためには、セリフに頼るしかない
のだけれど、下手をすれば、それは単なる説明になったり
ひどくステレオタイプで冗長になったりする。

「真田丸」では、無駄な心理描写が極力排除されている。
これも伊藤さんの表現を借りると
登場人物は、状況を次々に「判断」し行動しなければならない
というシチュエーションが多い。
のんびり迷ったり、悩んだり、嘆いたり、悲しんだりする
ヒマがないくらい展開が早い。
観てるほうも「えっ、どうなるの?」「どうするの?」と
時代劇ながら、結構ハラハラドキドキできる。
ドラマのテンポがいい。だから面白いのだ。

もう一つは、これまで嫌というくらい
映画になり、ドラマになって、既成のイメージが
定着しまくってる歴史上の人物の「斜め上」を
描こうという野望も見え隠れするが
なにしろNHKだし、大河だし、やり過ぎには注意というところ。

ともあれこの数年、最初の3回くらいを観て
「ああ、もう親子のなんとかとかダルいよぉ~」と挫折していた私が
ここまで投げ出さずに観れているというのは
「真田丸」は、久々に相性がよかったということなのだろう。

THE BRIDGE  シーズン3

「ブリッジ」は、スウェーデン・デンマーク合作のドラマ。
ヨーロッパ発のドラマは、ケーブルでも
扱いが地味で、これまでのシーズンも見たかったのだが
放送時間が深夜帯だったり、新シーズンが始まるから
前のシーズンを再放送してくれるということもないので
シーズン1を数話観ただけで、観れずじまいだった。
今回シーズン3が放送になり、やっと録画もできるように
なって観れるようになった。

スウェーデン発に魅力を感じたのは
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を観てから。
フィンチャー版の「ドラゴン・タトゥーの女」も観たけど
こればっかりはスウェーデン版のほうが好き。
最近の映画の、いろいろ加工がされているらしい
画像に比べると、色合いがとてもナチュラル。
それが、いい具合に陰影のある映像になっていて
北欧らしい空気感をかもし出している。

シーズン3では、先鋭的な女性活動家が殺され
シーズン2と同様に、マルメ県警の女性刑事
サーガ・ノレーン(ソフィア・ヘリーン)が、デンマーク
県警の刑事と組んで捜査にあたることになる。
有能だけど、コミュニケーション能力がなく
エキセントリックなサーガを始めとして
ほぼ全ての登場人物に、どこか意味深な翳がある。

画像の色合いもいいけど、ひとつひとつの映像が美しい。
スウェーデンとデンマークを結ぶ国境の橋、オーレンス橋
の夜景を始め、事件と捜査の間を埋めていく
何気ないシーンにも神経が行き届いている。
ストーリーは、もちろん気になるけど、たとえ結末が
今いちな終わり方になったとしても、十分満足できそうな
クオリティの高さを感じます。
前のシーズンも、レンタルで全部観たいなぁ。

レディオヘッドあたりと雰囲気が似ている主題曲も好きです!

ナオミとカナコ

今期は珍しく民放のドラマを2本観た。
「お義父さんと呼ばせて」と
「ナオミとカナコ」
ひやひやしながら「真田丸」も観ている。

「お義父さんと呼ばせて」は
「外事警察」で、渡部さんを「その顔嫌いだな」
とかってイビってた遠藤憲一さんが
渡部さんに「お義父さんっ」ってすがりつく
その逆転のキャスティングが愉しかった。
でも、渡部さん、お願いだから
あのニヒルでクールな住本さんに戻ってください(笑)

で「ナオミとカナコ」
原作が大好きな奥田英朗さんなのだけど
原作は未読。
奥田さんは「インザプール」あたりから
ややソフトな路線が増えてきたので
初期の作品ほど「読みた~い」感がなくなったのだ。
やっぱり小説は、だんぜん重量級が好き。

銀行員の夫服部達郎のDVに苦しめられている加奈子
父親のDVに悩んだ過去を持つ
加奈子の親友小田直美

達郎と瓜二つの中国人林竜輝に出会い
二人は、林を達郎の身代わりにして
失踪に見せかけて達郎を殺すという
完全犯罪の計画を立て実行する。
しかし弟の失踪に疑問を感じ
執拗に二人を追及する達郎の姉陽子によって
二人の計画は破綻していく。

予想通りとてもシンプルな構成なのに
ハラハラドキドキで面白かった。

彼女たちは、なぜ殺人という
重大な犯罪を犯すことを決心したのか。
そのキーマンが、このドラマで話題になった
高畑淳子さん演じる
怪しい中国人の女社長李 朱美。
その強烈なキャラクターもさることながら
「(DVをやるような男は)殺してしまいなさい」と
いとも簡単に言ってのける。

自分が生きてきた人生や人間関係の中で
正しいと信じて守ってきた価値観。
それを根底から覆す、180度異質な価値観との出会い。

しかも李社長の信条は「自分が生きる価値があると
思えるような自分の人生を生きる」ということ。
そのためなら、たとえ違法でも犯罪でも構わない。
このあたりの強烈さは、作者の奥田さんの真骨頂で
私なんかは、このイッチャッテル感がたまらない。

最終回は、なかなか微妙な終わり方で
おそらく怒ってる人も多いのだろうと思う。
現実的に考えたら、二人が無事逃げのびることは
ありえないのだが、それでも逃げてほしい。
だから「捕まっちゃった」という
運命に負けたような結末は観たくない。

「オリンピックの身代金」でも「最悪」でも
「邪魔」でも、この「ナオミとカナコ」でも
私は、犯罪者になった主人公たちに
思い切り感情移入していける。
「いいぞ、やれ。やれ。もっとやれ」
「捕まるなっ。死ぬなっ」という具合である。

だって、小説や映画やドラマは
倫理学や道徳の教科書でもないし
哲学や宗教の理論や教義でもないんだから
無理に結論や正論を導きだす必要はない。

死ぬまで終わらない人生の、ある断片を
どれだけ鮮やかに切り取って私たちに見せてくれるか
それが全てなのだから。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
461位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア