モノノ怪

2007年から深夜帯で放送されたアニメだが
このアニメを家族に教えてもらったのは
かなり後になってからだった。

全編を一回観ただけで
レンタルにもなく、新品はDVDでもかなり高価。
でもこれまで観たアニメの中では
TV「攻殻機動隊」シリーズなどと並び
マイベストに余裕で入る秀作だ。
そして先行作の「怪~Ayakashi」を
未だに観れてないことが何とも心残り。

「座敷童子」「のっぺらぼう」「化け猫」などの5編
12話からなり、モノノ怪を退治できる退魔の剣を
使う謎の薬売りが、人に憑いたモノノ怪を祓う…
というような単純な話ではない。

どことどこが現実で、どれとどれが幻想なのか。
何が人で、何が怪なのか、場面ごとにくるりくるりと反転
していき、観る者を夢とうつつの見分けもつかない異界へ
誘いこんでくれる。

映像も色彩も、とにかく全てが美しい。
CGを使って、虚構と現実の境をあいまいにする手法とは真逆で
背景の静止画のように、二次元を強調することで
独特の異次元空間を見せてくれる。

そしてモノノ怪が立ち現れるゆえんは真と理と形なのだという。
その本質は、人間の内なる怨念、あるいは情念。
「モノノ怪」がただの妖怪アニメ、勧善懲悪のお話じゃないのは
私たちが生きるこの社会に存在する残酷さや理不尽を
きっちり描いているから。
そもそも、人間自体がモノノ怪なんじゃないかと
モノノ怪とは、合わせ鏡の中に映る自分たちの姿なんじゃなかろうか
と思えてくる。

私なんかも確実に何体か憑いていそうだけど
できることなら「のっぺらぼう」がいいです。
狐面ののっぺらぼうの切ない恋、素敵でした。
たとえモノノ怪だっていいじゃないか。
想いをかなえてあげたかった!



スポンサーサイト

PSYCHO-PASS

気がつけば一月ももう半分を
過ぎてしまいましたが
今年もよろしくお願いします。

昨年映画館で観た映画は
「PSYCHO-PASS劇場版」
「チャッピー」「屍者の帝国」
「ハーモニー」の4本だけ。

つくづく映画ブログなんぞ書くのは
おこがましい気もしますが
人間って「これ面白~い」と思ったものは
つい誰かにそのことを話したくなるものなので
今年も新旧取り混ぜボチボチやっていこうと思います。

で「PSYCHO-PASS」ですが、2012年に放送された
第1期、2014年の第2期、そして劇場版。
その中で一番面白かったのは第1期。
総監督は「踊る大捜査線」の本広克行さん。
近未来SFの刑事ものです。

人間の心理状態や性格傾向を計測し
数値化することができるシビュラシステムによって
社会の治安が守られている2112年の日本。
公安局の捜査官たちは、シビュラシステムと
連動するドミネーターという特殊な銃によって
犯罪者の犯罪係数を計測し、制圧することができる。

近年理解不能な理由で、人を殺すような人間が
増えているから「これいい!」と心から思った。
オリンピックなんかに馬鹿みたいな大金使うのをやめて
このシビュラシステム&ドミネーターを実用化してほしい。
まあ犯罪係数高かったら、一瞬で粉々に粉砕されるけど
ドンマイ、ドンマイ。細かいことは気にしない。

ところが、このドミネーターが反応しない人物がいる。
数々の猟奇殺人者を、裏で操る槙島聖護。

金とか物とか権力とか、あるいは性的な欲望など
なんらかの人間的な欲望が動機の悪ではない
悪のための悪、絶対的な悪を表現しようとした
魅力あるキャラクターと思われたのだが…。
残念ながら、第1期の最後に
執行官の狡噛慎也(こうがみ しんや)に
よって射殺されて終わり。

映画版は、見ごたえのあるアクションシーンも多くて
なにより狡噛慎也復活で
狡噛さんファンには、楽しめたのではないかと。
でも…槙島さんを殺さないでほしかった(まだ、言うか)
内容がどうこうというより
私にとっては、ただただ槙島聖護ラブというアニメでした。


プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア