黒澤明の映画

 小学生の頃宝塚会館で観たたくさんの映画の中で、強く印象に
残っているものの一つが黒澤明監督の作品。「蜘蛛巣城」や「七
人の侍」といったアクション系の時代劇は、多分親の好みでリア
ルタイムでは観なかったが「羅生門」「赤ひげ」「姿三四郎」などは
劇場で観た。
ただなにしろまだ八才とか九才とかそのくらいなので「羅生門」
は???な状態で、ただただ白塗りの京マチ子さんが怖かった。
後日龍之介の「羅生門」を読んだ時も映画とは全然結びつかず、
中学生くらいになってようやく映画「羅生門」は龍之介の「藪の中」
と「羅生門」とを組み合わせたストーリーであることを正確に理解
した。

 「羅生門」に比べると「赤ひげ」はまだ幾らかストーリーが分かり
やすかった.。エリート医師の卵保本登(加山雄三)は、長崎への
遊学中に約束された将来の可能性を失い恋人にも裏切られて、
民間の医療機関である小石川診療所の新出去定(三船敏郎)の
許に預けられる。初めは自分の現状に強い不満を持ち反抗して
いた登だったが、市井の人々の悩みや苦しみ、悲しみを体験す
るうちに、少しづつ変化し成長していく。

 性的な虐待を受けて心に深い傷を負い、男性に言い寄っては
殺す女性の話などは、小学生だった私には、正直理解できたと
は言いがたい。そんな中、貧しい一家が、長男が泥棒をしてしま
ったことをきっかけに一家心中をする話だけは鮮烈だった。長屋
の女たちが井戸に向かって死者を呼び戻そうと叫ぶ。その場面
が今でも記憶に残る。
 
 後に原作を読んでこのエピソードが山本周五郎の原作「赤ひげ
診療譚」の中の「鶯ばか」という話だと知った。 
 他人の家の塀の板をはがして盗み煮炊きに使わなければならな
いほどの極貧。子どもたちが亡くなったあとで母親が言う。
「どうしてみんなは放っておいてくれなかったんでしょう。放っと
いてくれれば親子一緒に死ねたのに(中略)生きて苦労するの
は見ていられても、死ぬことは放っておけないんでしょうか」
 
 安易なヒューマニズムなどでは解決することができない魂の
叫びだ。現代でも同じような状況で生きている人はたくさんいる。
この問いかけに、きれいごとや気休めや、何かの受け売りでは
なく、正面から真摯に答えることのできる人がいったいどれくら
いいるのだろうか。

三船敏郎
1963円
powered by yasuikamo

山本 周五郎
637円
powered by yasuikamo


スポンサーサイト

福岡今昔映画話 1

私が小学校に入学したのは昭和30年代の半ばだが、その頃から
テレビの普及が急速に進んだ。しかし、私の父は故大宅壮一氏の
「テレビ一億白痴化」説にいたく共感して、家にテレビを置かなかった。
そのかわり、本は好きなだけ買ってもらえたし、テレビを買わない埋
め合わせとして、ほぼ毎週のように中州に映画を見に連れていって
くれた。それで物心ついた時には、映画はすでに私の生活の一部に
なっていた。

 当時福岡市内にはそれはたくさんの映画館があった。昭和20年の
敗戦の年にはわずか3館のみだったのが、昭和24年の福岡金星劇
場の開館を皮切りに中洲に設備の充実した一流館が次々にオープン
した。(さすがにこの時はまだ生まれていませんが)

 そして昭和32年には市内の映画館の数は77館に達し、なんと全
国一になったのだという。敗戦後の、娯楽らしい娯楽のなかった時代
に映画の人気は急上昇した。昭和29年の夏には、映画史に残る話
題作「君の名は 第三部」「七人の侍」「ローマの休日」などが公開
されたこともあって、昭和33年の国内映画の観客の総数は11億
2700万人という史上最高の数字を記録したのだった

 この時期私の記憶にあるだけでも中洲には、宝塚劇場、スカラ座
東宝シネマ、名画座の4館が入った宝塚会館、天神から西大橋を
渡って、以前城山ホテルがあった場所は当時は日活ホテルで、そ
の中に福岡日活、その北側に福岡大映があり、日活ホテルと明治
通りをはさんで向かいに、現在も営業をしている大洋劇場、東中洲
には福岡東映、福岡松竹、SY松竹があり、天神には朝日会館が
あった。

 中でも一番よく行ったのは宝塚劇場で、ここは一ヶ所で邦画も洋
画も、懐かしの名画も観ることができる、今のシネコンの草分けの
ようなつくりだった。一番最初に観た映画がなんだったかは、もう
覚えていない。
 円谷プロの特撮映画、加山雄三の「若大将シリーズ」森繁久彌
主演の「社長シリーズ」。宝塚会館には上映作品が入れ替わるた
びに通っていたような気がするから、おおかたは観たのだろうと思
うが、残念ながらこうした娯楽映画は、ほとんど記憶には残らなか
った。

 けれども今でも幾つかのシーンが鮮明によみがえる映画がある。
今にして思えば、それらが自分の感性の土台を作ることになったも
のたちだ。
 5才とか6才から観た映画について全部書いていたら、とても間に
合わないだろうと思う。それは本にしても同じだ。筋を忘れているも
のもいっぱいある。だからとりあえずは、自分の愛したもの、自分の
根っこになったものたちについて書いていこうと思う。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア