理由

社会派推理の入門書的に、松本清張を
何冊か読んだ私が、次に「これだ!」と思ったのは
宮部みゆきの「火車」だった。

犯人捜しやトリックの解明に重点を置くのではなく
ある事件に関わった人間たちの内面を
掘り下げていくタイプの小説が、今でも好きだ。

だから初期の宮部さんの、そういう感じの小説は
結構読んだけど、その中でも一番好きなのが「理由」
さすが直木賞受賞作と、今でも読むたびに思う。

嵐の夜、東京の千住にある超高層の高級マンションで
一家四人が惨殺された…かと思いきや
死んだのは、その部屋を所有していた家族ではなく
さらに死んだ四人もまた家族ではない赤の他人。

「理由」は、その事件に関わりがあるたくさんの人たちへの
取材という、ドキュメンタリーのスタイルになっている。
「磁石が鉄を集めるように「事件」は多くの人を吸い寄せる」
とあるように、関わり方の程度は様々だけど
事件の関係者の誰かに、何らかの形で関わった人たちの
言葉が延々とつづられていく。

私が一番すごいと思ったのは、事件の核心にいた人間たち
のほとんどが死んでいるということだった。
だから加害者の言葉も、被害者たちの言葉も直接には
聞くことができない。実は読み手にとって、一番嫌な
タイプの小説なのではないかと思う。

読んだあとに、どうしようもないもどかしさが残る。
何しろ一番肝心な部分が謎なのだから。
イライラ、もやもや「もうどうしてくれる」という感じなのだ。

けれどちょっと冷静に考えてみたら、現実に日々起こる事件も
この小説と同じだ。
私たちは、報道される事実と、周辺の人たちの言葉で
自分の頭で事件を組み立てて、サイコパスとか変質者とか
適当にラベリングして、次の事件が起きれば忘れていく。
ほとんどの人が、真実はどうなのかを知らずに終わる。
真実と名づけられるものが、本当にあればの話だが。

登場人物の誰にも、それほど共感できない小説というのは
宮部さんの小説の中でも、わりと珍しいのではないかと思う。
けれど私は、あいまいなものはあいまいなまま
分からないものは分からないままで、無理にテーマ性を
持たせないほうが好きなひねくれ者なので、高く評価しました。

ちなみに、映画版はマンション管理人の岸辺一徳さんだけ
が記憶に残ってます。八代佑司役が加瀬亮さんだったとは(驚)


スポンサーサイト

her/世界でひとつの彼女

「シザーハンズ」の時からジョニー・デップ
特に白塗りしたビジュアル系のジョニー・デップが
好きなんだけど、メイクしてない彼も好きなので
「トランセンデンス」は映画館で観たかった。
でも、ちょうど引越しやらなにやらで
時期を逸してしまい、DVDがレンタルされるとすぐに観た。

エンターテイメントなSF映画で
そんなにヒドいとは思わなかったけど
SF映画のファンの人たちからはぼろくそに言われていた。
同じ時期に封切られていたのがこの「her」
こちらは断然高評価。

「her/世界でひとつの彼女」

監督 スパイク・ジョーンズ

映画を色々な観点で楽しむことのできるファンが
面白いと評価する映画とは、どうも相性がよくないので
実はこの監督さんの代表作「マルコビッチの穴」は
観てない。おまけに主演のホアキン・フェニックスが
出演した「ザ・マスター」を、珍しく評判につられて
観たけど、あまり面白くなかった。

でもこれは私が「メンタリスト」に出てくる
ヴィジュアライズ教団の教祖スタイルズみたいなのを
イメージしてたのがそもそも大きな間違いだったわけで。
映画に罪はありません。

それやこれやで何となく敬遠していたが
ちょうどケーブルオンデマンドで100円になったので
どれどれと観てみることにした。

近未来のロサンゼルスで、メールの代筆ライターを
しているセオドア(ホアキン・フェニックス)は、ある日
人工知能型のOSサマンサを手に入れ、彼女との
恋におちる。

確かに人工知能を扱った映画としては
とてもコンパクトによくできていると思った。
セオドアのオフィスとか、マンションとかの
インテリアのセットも、すごくスタイリッシュで
映像も無駄がなくて美しい。

セオドアは前妻のキャサリンと離婚協議中。
親友のエイミーも、性格の不一致で夫と離婚。

些細な会話や態度の行き違いで
何かとうまくいかない現実の人間関係。
そしてサマンサは
セオドアに関する全てのデータを瞬時に解析して
あらゆる場面で彼の望みどおりの対応をしてくれる
まさに理想の女性。
けれどこのリアルVSテクノロジーの対決は
セオドアがサマンサに振られたのか?みたいな
結構意外で、ちょっと笑えるんだけど
どこか切ない、あいまいな結末を迎える。

テーマがどうとかって、あんまり
小難しく考えなくていい
(いや、考えないのは私だけかもしれないんですが)
軽めな感じがすてきな映画でした。
食わず嫌いをしてすみません。
その内「マルコビッチの穴」も観てみます。
でも「トランセンデンス」もそれほど悪くなかった
けどなぁ。(ハイ、ただのえこひいきです)





ザ・リング

暑さに負けて、半月以上更新をさぼっていた。
子どもの頃からインドア派なので、日光も暑さも苦手で。
雨が降ってどんよりしてるほうが、がぜん体調がいい。

で暑い間、特に用がない日は
ケーブルテレビで放送される映画をぼや~と観ていた。
今さらですが「ザ・リング」
前にリメイク版は観ないと書いたけど
さすがに夏はあまり面倒なものは観たくないので
これでいいかと。
あと「マルホランド・ドライブ」のナオミ・ワッツが
かなり魅力的だった印象があったので。

両者が根本的に違うのは「リング」の貞子は幽霊で
「ザ・リング」のサマラは悪魔系というところかな。

ちなみにアメリカ映画で幽霊が登場する
超有名どころといえば
「ゴースト」とか「シックス・センス」「アザーズ」
あたりだろうか。
どれも「幽霊」=「恐怖」という感じではない。

イタリア発では「ゾンビ」映画。
でもこれは、生き返った醜悪で凶暴な死体が
手当たり次第に、生きた人間を襲うもので
日本型幽霊の、祟りとか怨念とかとは違う。

欧米の、キリスト教を信仰している人たちが
一番怖いと思うのは、やっぱり悪魔なんだろうか。
こちらは「オーメン」を筆頭に、最近の
「パラノーマルシリーズ」まで、それこそ山のようにある。

他に「エクソシスト」とかスティーブン・キングの小説や
「ツイン・ピークス」に出てくるような
アニミズム的な何者かや、キリスト教ではない
他の宗教に出てくる悪魔や悪霊。
悪魔が怖いと思えるのは
人間では絶対にかなわない強大な力を持ってると
信じられているから、説得力があるんだろうな。
でも「井戸から這い出してくる悪魔」って
ちょっと面白かった。そんなに苦労しなくても
あなた、悪魔なんだから……

日本的な幽霊の怖さを、欧米の人に
本当に理解してもらうのは相当難しいのかもしれない。
そこのところを、まさにあっと驚く手法で
映像化してくれたのが、黒沢清監督の「回路」だったけど
「回路」については、また今度書きます。

ジェイソンにしろ、ゾンビにしろ、各種の悪魔にしろ
異形の怪物のようなものが襲いかかってきたら
襲われた被害者、当事者にとっては
見た目が怖いというのはもちろんだけど
たぶん殺されるという恐怖のほうが大きい。

だから最近の日本のホラー映画は
やたら女の子がキャーキャー叫んでる展開になって
勘弁してくれという感じだったけど
大好きなアガサさんのブログ「すきなものだけで
いいです」を読んで、近年のホラー映画の客層の
低年齢化(小中高生が多いらしい)を知った。
だから、怖さもずいぶんマイルドになってるし
ホラー映画にアイドルさんが起用される
理由も何となくわかった。

でもたまには、そういうお化け屋敷系じゃない
「うお~っ」と思えるような恐怖映画が観たいなぁ。
ものすごく適当な評価ですが「リング」の映画版は
日本のもアメリカのも、私としては
100点満点の60点というところです。
どちらも貞子を実体化した時点で
恐怖の質が、原作が目指したものとは変わったから。
「出てきてみたら、案外怖くなかった」
でもそれは全てのホラー映画がいつも抱えている
ジレンマなんだろうと思う。




邦画オールタイムマイベスト

ツイッターで「邦画オールタイムマイベスト」をやってるのを
見かけて、自分のベストを選んでみました。

天国と地獄(1963)
怪談(1965)
日本の一番長い日(1967)
スワロウテイル(1996)
回路(2001)
青い春(2001)
DISTANCE(2001)
呪怨 映画版(2003)
イノセンス(2004)
凶悪(2013)

年度順に並べてみたら
すごいブランクが…

邦画メインだった時期と
洋画メインだった時期が
くっきり分かれてる。

他には「女優霊」(1996)
「ゆれる」(2006)
「キサラギ」(2007)
「フィッシュ・ストーリー」(2009)
なんかは迷った作品。

他の人のを見ていたら
これはないだろうと思っていた
「大地の子守歌」なんかもある。
皆さんいっぱい観ておられるんだなぁ!


プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア