ノーカントリー

かなり前からタイトルは知っていた。
何となく一度は観ておかなければいけない
映画という気がしていて、録画したのを観た。

ノーカントリー(2007)

監督・脚本 コーエン兄弟
出演    ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム
       トミー・リー・ジョーンズ

冒頭から、いきなり凄惨な殺人の場面で
「ん、これはスプラッター系のホラーなのか。
でも確かアカデミー賞取ったって聞いたような」と
いささか煙に巻かれた気分で観ていた。

ひと言で言えば、黒髪のオカッパ頭の殺し屋が
主に牛を殺すために使われるスタンガンで
手当たり次第に人を殺していく話ということになる。
映画通の人からは怒られそうな要約だが。

例えば「ヒッチャー」のジョン・ライダーや
「セブン」のジョン・ドウ
「ハンニバル」のレクター博士や
「ダークナイト」のジョーカーが、
一見血も涙もない殺人鬼に見えながら
驚くほど饒舌だったり、知的だったり
実は意外に熱かったのに比べると
「ノーカントリー」のオカッパの彼、アントン・シガーは
至ってクールだ。(ダサいけど)
なぜなら彼にとって、殺しは仕事だから。

この場合の仕事とは
事業とか商売という意味のビジネスではなく
任務という意味のタスクでもなく
自分の能力をフルに使って地道にやる作業
つまりワークということなのだろう。

シガーにとって、殺人は、依頼された
奪われた金を取り戻すという最終の目的を
達成するために必要な手順。
つまり彼は職人であり、ある意味匠であり
自分のルーティンなり
アナログなやり方にとことんこだわるプロなのだ。
確かに殺人者を描いた映画の中ではとても
ユニークなんではないだろうか。

原題の「No country for old men」は
シガーを追う老保安官の述懐から
「こんな理解不能の犯罪が増えたこの国には
年寄りの居場所はない」と解釈されているが
実は、シガーという殺し屋も、誰にも組せず
酸素ボンベみたいなのを引きずって歩く
あの殺しのスタイルからして、何とも泥くさく
全然効率的でもなく、現代風でもない。
やがては消えていく運命なのじゃないかと思ってしまう。

そのシガーがこだわるスタイルが
微妙に揺らぐシーンがある。
その中のひとつが、映画の終盤で
シャツをくれた少年たちを、シガーは殺さず
「俺を見なかったと言え」と言う場面。
殺し屋という仕事を、地味にやりつつも
この世界には存在しない人間として生きること。
案外それこそが、シガーの本当の目的だったのかも
知れない。

観る人間によって、幾通りの解釈もできて
観終わった後に、とても奇妙な余韻が残る
そういう意味ではかなり面白い
良い映画ではないかと思います。


スポンサーサイト

ナオミとカナコ

今期は珍しく民放のドラマを2本観た。
「お義父さんと呼ばせて」と
「ナオミとカナコ」
ひやひやしながら「真田丸」も観ている。

「お義父さんと呼ばせて」は
「外事警察」で、渡部さんを「その顔嫌いだな」
とかってイビってた遠藤憲一さんが
渡部さんに「お義父さんっ」ってすがりつく
その逆転のキャスティングが愉しかった。
でも、渡部さん、お願いだから
あのニヒルでクールな住本さんに戻ってください(笑)

で「ナオミとカナコ」
原作が大好きな奥田英朗さんなのだけど
原作は未読。
奥田さんは「インザプール」あたりから
ややソフトな路線が増えてきたので
初期の作品ほど「読みた~い」感がなくなったのだ。
やっぱり小説は、だんぜん重量級が好き。

銀行員の夫服部達郎のDVに苦しめられている加奈子
父親のDVに悩んだ過去を持つ
加奈子の親友小田直美

達郎と瓜二つの中国人林竜輝に出会い
二人は、林を達郎の身代わりにして
失踪に見せかけて達郎を殺すという
完全犯罪の計画を立て実行する。
しかし弟の失踪に疑問を感じ
執拗に二人を追及する達郎の姉陽子によって
二人の計画は破綻していく。

予想通りとてもシンプルな構成なのに
ハラハラドキドキで面白かった。

彼女たちは、なぜ殺人という
重大な犯罪を犯すことを決心したのか。
そのキーマンが、このドラマで話題になった
高畑淳子さん演じる
怪しい中国人の女社長李 朱美。
その強烈なキャラクターもさることながら
「(DVをやるような男は)殺してしまいなさい」と
いとも簡単に言ってのける。

自分が生きてきた人生や人間関係の中で
正しいと信じて守ってきた価値観。
それを根底から覆す、180度異質な価値観との出会い。

しかも李社長の信条は「自分が生きる価値があると
思えるような自分の人生を生きる」ということ。
そのためなら、たとえ違法でも犯罪でも構わない。
このあたりの強烈さは、作者の奥田さんの真骨頂で
私なんかは、このイッチャッテル感がたまらない。

最終回は、なかなか微妙な終わり方で
おそらく怒ってる人も多いのだろうと思う。
現実的に考えたら、二人が無事逃げのびることは
ありえないのだが、それでも逃げてほしい。
だから「捕まっちゃった」という
運命に負けたような結末は観たくない。

「オリンピックの身代金」でも「最悪」でも
「邪魔」でも、この「ナオミとカナコ」でも
私は、犯罪者になった主人公たちに
思い切り感情移入していける。
「いいぞ、やれ。やれ。もっとやれ」
「捕まるなっ。死ぬなっ」という具合である。

だって、小説や映画やドラマは
倫理学や道徳の教科書でもないし
哲学や宗教の理論や教義でもないんだから
無理に結論や正論を導きだす必要はない。

死ぬまで終わらない人生の、ある断片を
どれだけ鮮やかに切り取って私たちに見せてくれるか
それが全てなのだから。

邪魔

今放送されているドラマ「ナオミとカナコ」の作者
奥田英朗さんの、初期の作品
「オリンピックの身代金」「最悪」「邪魔」は
どれも、ものすごく面白い。
中でも、私のツボだったのが「邪魔」

所轄の警部補である九野薫は
7年前に身重の妻を交通事故で失ったが
彼は同僚の花村に、ささいなことで執拗に恨まれている。

及川恭子は、スーパーでパートをする平凡な主婦。
夫と子ども二人と、郊外の建売住宅で暮らしている。
ある晩、夫の茂則が勤務する会社で放火事件が発生。
その夜、当直だった夫に、放火の嫌疑がかかる。
一方、恭子が働くスーパーで、労働運動を画策する一団が
パートの待遇改善をエサに、恭子に近づき…。

「ナオミとカナコ」もそうだが
「普通に、平凡に暮らしたい」と願うことが
現代では、こんなにも困難なのかと痛感させられる。
登場人物たちは、まさに坂道を転げ落ちるように
窮地に陥っていく。
何がいけなかったのか、どこで間違えたのか。

「最悪」でも描かれた、社会のいたるところに
仕掛けられた、個人の力ではどうすることもできない
悪辣で陰湿な罠。
しかし恭子は、立ち止まることも
思い悩むこともせず、目の前の危機的状況に
体当たりしていく。立ち向かうというような
ポジティブなやり方でなく、自爆テロみたいなもの。

夫の放火の罪をごまかすために、自分が放火をし
助けようとした九野を刺し
朝日の中を、自転車をこいで、家族からも
それまでの暮らしからも訣別していく恭子を
待っているのは「目眩を覚えるくらいの孤独と自由」

実は「普通に、平凡に暮らしたい」という
その願いこそが、生きていくのには「邪魔」なのだと
言いたげな、このラスト。
これほど、誰もが納得できないオチを書くことの
できる作家さんも、珍しいように思う。

そういう意味では、本気を出せば高村薫さんと
いい勝負かもしれない。
でも、最近の高村さんの小説が、思索の部分が
ほとんどで、事態がほぼほぼ動かないのと比べると
奥田さんの小説は、これでもかというくらい
状況がドラマチックに動いていくので
ハラハラドキドキ、まさに一気読みなのだ。
(あっ、でもドMな読書好きの私は
100ページ読んでも状況が1ミリも動かないという
「新リア王」のような小説を、へろへろになりながら
ものすごく苦労して読むのも大好きなのですが)

「ナオミとカナコ」も、なかなかエキサイティングなんだけど
スーパーの、組織や人間関係の陰湿さとか
はたまたきれいごとを並べる社会運動の裏側とか
広く社会のあり様を組み込んであるので「邪魔」の勝ち。
あと「邪魔」には、ある意味ファンタジーともいえる
要素があって、そこもツボだったのだ。

それと昔スーパーのパートしたことがあるので
いちいち身につまされるのも
この小説にシンパシィを感じてしまう原因なんだと思います。
表の明るさ、華やかさとはまさに対極の
スーパーのバックヤードの、閉鎖的で荒涼とした感じは
ホント独特。あそこでずっと働いたら病む(私だけか)



プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
461位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア