怒り(上、下)

9月に映画が公開される「怒り」
著者は「パレード」「さよなら渓谷」「悪人」などの
吉田修一さん。

真夏の東京八王子の新興住宅で
夫婦が惨殺されるという事件が起きる。
現場には被害者の血で書かれた「怒」の文字が。
しかし犯人の山神一也という男は
事件から一年が経った現在でも行方がわかっていない
というところから、話が始まる。

そして千葉の漁協で働く洋平とその娘愛子の前に
あるいは東京のゲイの会社員優馬の前に
また沖縄の女子高生泉の周辺に
素性の知れない若い男が現れる。
手配中の山神に似ている三人の若者。

若者は時が経つにつれて、次第に
それぞれにとって大切な存在になっていくが
同時に、彼らの秘められた過去が疑惑を深めていく。
「彼は本当に残虐な殺人事件の犯人なのか」

登場人物は、誰もが、様々な悩みを抱えており
家族や友人との関係にもどこかひずみがある。
吉田さんは、こういう欝々とした感情や
気持の揺らぎを描くのがすごくうまい。
吉田さんの小説を読むと、この世界には
善人とか、幸せな人間なんていないんじゃないかと
思えてしまう。

人間関係も、自分の思考も、感情も
すべてがあいまいで、不安定だから
他者を心から愛したり信じることが難しい。
ほんの少しの衝撃で、愛情も信頼も崩れ去ってしまう。

誰が本当の山神なのかという、ミステリー要素で
ラストまで一気に読めてしまえたが
犯人が分かっても、殺人事件の真相も
「怒」という血文字の意味も結局は闇の中という
これまた読み手にストレスを与えそうな結末だ。

かろうじて未来に光が見えたのは、愛子と田代だけだが
私は優馬と直人のエピソードが一番好きでした。
素直に泣けました。映画も観るつもりですが
何しろこの結末なだけに
あまりヘンテコな、余分なオチをくっつけないで
ほしいなあと、心から願っています。


スポンサーサイト

貞子VS伽椰子


「貞子VS伽椰子」を観てきた。

監督 白石晃士 脚本 鈴木光司

出演 山本美月 玉城ティナ 安藤政信

最初この企画を聞いた時は「また、そんな!(怒)」と
思ったのに、観てしまったのは「これは怪獣映画だ」という
感想を見かけて、大画面で観たら面白そうと思ったから。

女子大生の有里(山本美月)と夏美(佐津川愛美)は、見たら
二日後に貞子に殺されるという「呪いのビデオ」を観てしまう。
一方「呪いの家」の向かいに引っ越した鈴花(玉城ティナ)は
行方不明の小学生を見かけたことで、「呪いの家」に足を
踏み入れてしまう。
貞子と伽椰子の呪いがかかってしまった彼女たちを救うために
最強の?霊能者経蔵(安藤政信)が登場するが。

ホラーならではのご都合主義も、理屈に合わないとこも
山ほどありつつも、これまでのJホラーの基本的なコンセプト
(うらめしやぁ~)をくつがえす結末は新鮮だった。
でも対決する対象が神VS悪魔みたいに、正反対の性質なら
勝負が成立するけど、なにせこの二人、根っこが同じだからなあ。

そもそも小説版の「リング」「らせん」の時点で
貞子の目的は「増殖」&「日本征服」だから
今回の「貞子VS伽椰子」は
貞子が目指す最終目標の布石と言えなくもない。

ビデオのダビングからスタートした貞子の戦略は
テクノロジーの進化とともに、桁違いの拡散が
可能なネットに移行した。あんまり注目されてない
けど、自分が死んじゃうことへの腹いせに、貞子
の動画をネットにUPした夏美が、地味に怖い。

これで、貞子サンも伽椰子サンも、井戸とかTVとか
家とかいう縛りから解き放たれて、無敵の王者に
なるか。次回作は、ネットの動画のせいで、国民
の90%以上が死亡した社会で、決戦か共存か。
(すみません「猿の惑星新世紀」パクりました)




容疑者Xの献身

東野圭吾さんの小説の中で、お気に入りは
「白夜行」と「容疑者Xの献身」
「白夜行」はドラマと映画
「容疑者Xの献身」は映画化された。

弁当屋で働いている花岡靖子は女手ひとつで
中学生の娘美里を育てている。
そんな靖子に、別れた夫の富樫がつきまとい始め
ほんのはずみで、親子は元夫を殺してしまう。
途方にくれる二人に救いの手を差し伸べた人物が
いた。靖子たちの隣の部屋で暮らす、風采のあがらない
高校の数学教師石神だ。

最初から犯人は分かっているという
いわゆる倒叙形式のサスペンス。
石神は実は天才的な数学者で、靖子たちを救うために
誰も思いつかないような完璧で渾身のトリックを作りあげる。
それを、石神の大学時代の親友で、天才物理学者の湯川
が解き明かしていくという、謎解きの面白さはもちろんあるが
それ以上に魅力的なのが、石神という人物のキャラクターだ。

一年前生きる目標を失って、自ら死を選ぼうとした石神に
生きる意味を教えてくれたのが、隣に引っ越してきた靖子たち
親子だった。彼女たちの存在に、石神は
通常の恋愛感情を超えた、ある種の真理を見出し
自分のすべてを賭けて、彼女たちを守ろうとする。

「崇高なるものには、関われるだけでも幸せなのだ」
そしてそれは、石神がそれまで愛してやまなかった数学にも
相通じるものなのだと、彼は思った。
この感覚が分からないと、石神に共感するのは難しい。
靖子たちのアリバイを作るために、無関係な人間を殺すという
非情も冷酷も、このありえないほどの純粋さで相殺されている
と、私は思う。良識や道徳の眼鏡をかけて見たら
見えなくなってしまう美しさがある。

石神の思いに反し、結局靖子は自首をする。
「石神さんと一緒に罰を受けます」」と。
絶望と混乱の中で、石神は獣のように吠え、叫ぶ。
けれど、これは人間の魂が、苦痛と悲しみの果てに迎えた
とても美しいハッピーエンドなのではないかと思う。

ちなみに映画版も、石神先生を演じた堤真一さん、ステキでした!
ただ映画版は、無難な出来ではありましたが
圧倒的な密度の濃さから言って、やっぱり原作の勝ちかな。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア