猫なんかよんでもこない

昔から動物が好きだ。
人間同士の話だと、どんだけ「感動の〇〇」と言われても
「ふ~ん」くらいのリアクションしかできないのに
とにかく動物が出ているだけでウルウルしてしまう。
「皇帝ペンギン」で泣き「星になった少年」で泣き
映画でなくても、犬が飼い主を追いかけるシーンなんか観ると
すぐ涙が出る。涙腺が動物専用なのかもしれない。

で「猫なんかよんでもこない」を観た。
原作は杉作さんの実話漫画
監督 山本透

兄貴のアパートに居候をしている
プロボクサー志望のミツオ(風間俊介)
猫嫌いなのに、兄ちゃんが猫を拾ってくる。それも二匹。
クロとチンという、なんとも適当な名前をつけて
何かと思い通りにならない猫たちと暮らし始めた。

しかしミツオは試合中のケガが原因で
ボクサー生命を絶たれ、兄ちゃんも彼を見捨てて
田舎に帰ってしまい、2匹の猫とミツオが残される。

お金ない、仕事ない、猫いる。
さあ、どうするミツオ、みたいな
結構グダグダなお話なんだけど
猫がいっぱい出てきたので大満足。
動物さえ出てくれば、内容の如何や
映画の出来不出来は問わない(オイ!)

風間俊介クンは「金八先生」の時すごくがんばってた
記憶があって、同じく「金八先生」でインパクトがあった
濱田岳クンが、いまや存在感のある
個性派の俳優さんになったので
ぜひ風間クンもがんばってほしいと思った。

アパートの大家さんは、市川実和子さん。
そういえば、昨年「シン・ゴジラ」尾頭さん役で
大ブレイクした、妹の市川実日子さんも
「レンタネコ」という、とてもまったりした映画に出てたので
お二人とも、猫がお好きなのかな。

基本猫は「演技」はしないので
ただうろうろしているのを撮るだけみたいになるのだが
この映画は、そんな猫を、わりとじっくり、いろんなシチェーションで
撮っていたので、猫映画としては、ポイントが高かったです。
スポンサーサイト

ジョン・ウイック

マッチョな男性がそれほど好きじゃないので
アクション映画で「これ、観たい!」と思うことは
少ないんだけど「ジョン・ウイック」は、キアヌ様だし
ちょっと観てみたかった。

「ジョン・ウイック」(2014)

 監督 チャド・スタエルスキー
 出演 キアヌ・リーブス ミカエル・ニクヴィストetc.

引退した、伝説の殺し屋ジョン・ウイック。
最愛の妻ヘレンを病気で亡くし、妻に贈られた
ビーグル犬と暮らしていたが、ロシアンマフィアのボス
のバカ息子に、愛車を奪われた上に、犬を殺されて
しまう。

その愛犬の復讐のために、ロシアンマフィアを壊滅
させるという、アクション映画にしては、なかなか
シュール、かつシンプルなストーリー。

かつてジョンの雇い主でもあった、ロシアンマフィアのボス
ヴィゴは、ジョンの超人的な強さを知ってるだけに
ジョンの友人でもあるマーカスまで雇って、総力戦で
臨んだけど、負けちゃったという、まあ他愛もない映画
ではあるのだけれど。

殺し屋御用達の、謎のホテル「コンチネンタルホテル」
と、そのホテルのオーナーなども、アクション映画に
ありがちなぎすぎすした感じではなく、どこかレトロで
スタイリッシュ。その分アクション映画としては
全体として、物足りないとか詰めが甘いと感じる人も
いそう。

満身創痍になりつつも、マフィアを倒したジョンは
傷の手当をするのに、忍び込んだ無人の動物病院で
一匹の犬と目が合って…。

いやあ、なんていい人だ!たとえ100人殺したって
このラストシーンで、全部許しちゃう(笑)
それに、ラストでジョンと運命の出会いをするワンちゃん
が、死んじゃったビーグルではなく、グレーのパグ(?)
というのも、ベタじゃなくてGood!
私は「ノーカントリー」の、おかっぱの彼もそうでしたが
団体戦のアクションよりも、「孤高の○○」みたいなのの
ほうが、相性がいいようです。どうやら続編もできるらしい
ので、楽しみにしていますが、もう犬ネタはないだろうなあ。

それにしても、最近のアメリカの映画やドラマでは
またしれ~っと、ロシアとかロシア人を悪役にする
のが増えてきている気がします。やっぱり、アメリカ
にとって、一番仮想敵国にしやすいのがロシア
なんでしょうか。

pink

先月福岡で開催された、岡崎京子の
「戦場のガールズライフ」という原画展を観た。

岡崎京子という漫画家を知ったのは
関川夏生さんが、平成11年に「リバーズエッジ」について
書かれた新聞記事を読んだからで、岡崎さんは交通事故で
重傷を負い、長期の療養に入られていた。

「リバーズエッジ」が面白かったので
その後岡崎京子の本を見つけると次々に読んだ。
その岡崎さんのたくさんの漫画の中で
「これ!この感じ!」と思ったのが「pink」

ユミは、昼間はOL,夜はホテトル嬢をしながら
部屋でワニを飼っている。掛け持ちで働くのは
ワニの餌代がかかるから。そんなユミちゃんは
ピンク色のものが大好きだ。

「pink」の何がそんなにツボだったかと言うと
岡崎京子の漫画に共通する
リアルと虚構のコンビネーション
その混ざり具合が絶妙だったのだ。

岡崎京子の漫画は「都会の若者たちの閉そく感」
と要約されるような、若者の孤独や焦燥や絶望
あるいは性といったリアルの部分が取り上げられることが
多いが、そのリアルなドラマの背景
あるいはドラマ自体にも、とてもユニークな虚構が
ちりばめられていて(「リバーズエッジ」の白骨死体とか
「pink」のワニとか「ヘルタースケルター」の全身整形美女
とか)そのおよそリアルとは思えない虚構が
リアルの部分を際立たせている。

この魅力的な虚構を生み出したベースにあるのは
作者が愛した、多くの映画や小説、絵画や音楽
なのだろう。今回の個展で、あの有名な「平坦な
戦場で僕らが生き延びること」が、SF作家ウイリアム・
ギブスンの詩だと知って、もう「参りました」って感じ
だった。私がSF映画や小説にはまりだしたのは、つい
最近のことで、ギブズンの名前を知って、まだ2年にも
ならない。なんか無駄に年を取ったなと思う。

もっと若い頃に出会いたかったと思うものが
今になって出てくる。もちろん、生きていれば
自分が面白いと思うものには出会えるものだけど
もうこれで十分だと言うには
人間の一生は、案外短いのかもしれません。
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア