ソーシャル・ネットワーク

この監督さんだからとか、この俳優さんだからというので
映画を選ぶことは少ないのだけど
実は、デヴィッド・フィンチャー監督の映画は
ほとんど観ていたことに気づいた。

やはり最初に観た「セブン」の印象が
あまりにも鮮烈だったことが大きい。
めったに読まないノベライズまで読んだくらいだから。

そのフィンチャー監督の8作目
「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)

ハーバード大の学生マーク(ジェシー・アイゼンバーグ)
は、恋人のエリカに振られた腹いせに、ネットに彼女
の悪口を書き込んだうえに、大学のコンピューターを
ハッキングして、女の子の格付けサイトを立ち上げた。
サイトは大人気になるが、マークは大学中の女子学生
から総スカン。さらに、大学から処分を受ける羽目になるが
彼の優れたプログラミングの才能に目をつけた友人に誘
われ、後のFace bookの原型になる、コミュニティサイトを
立ち上げる。

世界最大のSNS Face bookの創設者マーク・ザッカー
バーグの実話なのかと思いきや、当のザッカーバーグの
「キャストの衣装だけは、自分の着ていたものと同じ」
というコメントでも明らかなように、マークの性格や人間像
は、どうやら完全なフィクションらしい。

天才的な才能の持ち主ではあるが、いわゆるオタクで
根暗で、成功はしたもの、親友にも見放されるような
友達になりたくないタイプではあるのだけど。
この映画の最大の魅力は、ラストシーンにあった。

Face bookの大成功で、アメリカンドリームの具現者と
なったマークが、エリカに友達申請をするが、承認されず
マークは何度も更新を繰り返す。
世界中の人々が、ネットワークでつながることを可能にした
男が、いちばんつながりたかった、たった一人の女性に
拒絶されるラスト、切なかったです。

これが実話かどうかということには大きな意味はなくて
テクノロジーにできないことは何なのか
ネットワークと人間との本質的な差異を描くのに
マーク・ザッカーバーグというキャラクターが、まさに
ぴったりだった、そういうことなのだろうと思います。

そして、ザッカーバーグは、この映画に対して
決して好意的な反応を示したわけではありませんが
極めて異色な脚色を施された自分の物語に
強く抗議をしたり、批判したりしなかったというところに
アメリカの文化が、今でも自由な創造性を失っていない
と思えて、とても羨ましくもありました。



スポンサーサイト

モノノ怪

2007年から深夜帯で放送されたアニメだが
このアニメを家族に教えてもらったのは
かなり後になってからだった。

全編を一回観ただけで
レンタルにもなく、新品はDVDでもかなり高価。
でもこれまで観たアニメの中では
TV「攻殻機動隊」シリーズなどと並び
マイベストに余裕で入る秀作だ。
そして先行作の「怪~Ayakashi」を
未だに観れてないことが何とも心残り。

「座敷童子」「のっぺらぼう」「化け猫」などの5編
12話からなり、モノノ怪を退治できる退魔の剣を
使う謎の薬売りが、人に憑いたモノノ怪を祓う…
というような単純な話ではない。

どことどこが現実で、どれとどれが幻想なのか。
何が人で、何が怪なのか、場面ごとにくるりくるりと反転
していき、観る者を夢とうつつの見分けもつかない異界へ
誘いこんでくれる。

映像も色彩も、とにかく全てが美しい。
CGを使って、虚構と現実の境をあいまいにする手法とは真逆で
背景の静止画のように、二次元を強調することで
独特の異次元空間を見せてくれる。

そしてモノノ怪が立ち現れるゆえんは真と理と形なのだという。
その本質は、人間の内なる怨念、あるいは情念。
「モノノ怪」がただの妖怪アニメ、勧善懲悪のお話じゃないのは
私たちが生きるこの社会に存在する残酷さや理不尽を
きっちり描いているから。
そもそも、人間自体がモノノ怪なんじゃないかと
モノノ怪とは、合わせ鏡の中に映る自分たちの姿なんじゃなかろうか
と思えてくる。

私なんかも確実に何体か憑いていそうだけど
できることなら「のっぺらぼう」がいいです。
狐面ののっぺらぼうの切ない恋、素敵でした。
たとえモノノ怪だっていいじゃないか。
想いをかなえてあげたかった!



プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
406位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア