読書で離婚を考えた。

SF作家の円城塔さんとホラー作家の田辺青蛙さん。
それぞれ違うジャンルで執筆されているご夫婦が
相手に読んでほしい本を勧めあい、その本のレビューを書く
という、ネットで連載されていた企画の書籍化。

円城さんは北海道出身で
大学で物理学を専攻された理系の人。
一方田辺さんは、文系一筋というよりも
産業翻訳などのお仕事と執筆業を両立されている
キャリアウーマン系行動派の大阪人(?)

自分で本を選ぶと、自分の好みのジャンルのものばかり
選んでしまうので「何か面白い本ないかなあ」
というのもあって、この本を読んでみた。

さすがに、お二人ともかなりの読書家なので
結構マニアックな選択ではあるが
相手の苦手分野の本を選んでいるという自覚からか
マニアック過ぎるということはなかった。

幸田文とか又吉栄喜とか、池波正太郎とか
吉屋信子など「へぇ~」というのも混じっていた。
それでも私が読んだことがあるのは
「バトル・ロアイアル」だけだったけど。

この企画にはもう一つの目的があって
読書を通じて、夫婦の相互理解を進めようというもの。
相方が、本当はどんな人間なのか、何を考えているのか
分かっているようで、ほとんど分からないというのは
世の多くの夫婦も似たようなものなのではないか。

で、この試みをやったことで
円城さんご夫婦の相互理解が画期的に進んだかというと
結果は、本のタイトルが示す通り(笑)
お互いに、相手がますます分からなくなったというか
分かるような分からないような、というのは
この本を読んだ私の感想でもあります。

けれど、お互いに本を勧めあうことができる
その本について、まともな感想が返ってくる
このことだけ見ても、
大枠で言えば、世の大多数の夫婦よりは
ずっと近い距離にいて、実は読者は
ご夫婦のおのろけにつきあわされた感がないでもありません。

そして、紹介された40冊あまりの本の中で
これ読んでみたいと思ったのは「20世紀の幽霊たち」
なんと、作者のジョー・ヒルは
あのスティーブン・キングの息子さんらしい。
結局、自分の読書の幅を広げるという結果には
ならなかった気がします。


スポンサーサイト

ツイン・ピークス 再び

「25年後に会いましょう」
「ツイン・ピークス」の最終話で、ローラはクーパーにささやいた。

まさか律儀に25年たって続編が作られるとは思わなかった。
6月の後半、PCを開くたびに、これでもかと出てくる
WOWOWの「ツイン・ピークスThe Return」の広告。
「負けないぞぉ~」と思ったが、結局負けてWOWOWに加入。
取りあえず先行放送で第4話まで観た。

そもそも「ツイン・ピークス」の第1話が放送された時に
性格が素直な人は、このドラマはミステリーだと思ったに
違いない。それが2話、3話と話が進んでいくうちに、
次第に雲行きが怪しくなってくる。

私は、映画の「ブルー・ベルベット」が大好きで、そこから
「ツイン・ピークス」に行った派なので、出てくる人、出てくる人
みんなどこか変という「ツイン・ピークス」の異様な空気に
どっぷりハマった。

何とも言えず、嫌~な、気持ちの悪い、それでいて
妙におかしくもある「ツイン・ピークス」の世界は
やったことないけど、多分ドラッグみたいなもので癖になる。

新シリーズでも、その異様な世界観は健在だ。
ネタばれはしないが、25年前よりCGの技術が発達した分
SFっぽい演出が多くなったように思う。話の舞台も
ツイン・ピークスだけでなく、ニューヨークやラスベガス
など都市に広がった。その分さらに難解な、ほぼ理解不能な
話になっていきそうな不吉な予感もあるが。

私は、観た人が、どんな風にでも解釈できる
自由度の高い映画やドラマが好きなので
「ツイン・ピークス」に関しては
ドラマの全体像を理解しようと苦労するより
ジグゾーパズルのパーツを吟味するように
ひとつひとつのパーツを楽しみたいと思う。
ぴったりきれいにはまるかは保証できないけど。

ただ普段みているのが
分かりやすくてお花畑のような国産のドラマ
という人が、もし「ツイン・ピークス」を観たら
どんな感想を持たれるのか、ちょっと知りたい気がします。


残穢ー住んではいけない部屋

少し前に「劇場霊」を観て「これはコメディなのか?」と
腑に落ちない思いをしたので
当分邦画のホラーはやめておこうと決心したのに
性懲りもなく「残穢」を観たのは
原作が、一番好きなホラー作家の小野不由美さんだから。

「残穢ー住んではいけない部屋」(2016)
 監督 中村義洋
 出演 竹内結子 橋本愛 佐々木蔵之介

ミステリー作家の私(竹内結子)は、読者の投稿をもとに
実話怪談を書いている。そんな私のもとに、女子大生の
久保さん(橋本愛)から、住んでいる部屋で、畳を擦るような
奇妙な音がするという手紙が届く。その部屋は事故物件
ではないのだが、彼女の前に住んでいた住人は、転居後
自殺していた。私と久保さんは、怪異の原因が、部屋では
なく、マンションの建っている土地にあるのではと考え
調べていくうちに…

意外にもこれは、私がわりと好きなタイプのホラー映画
だった。一口にホラーというけれど、実は何を怖いと思うかは
まさに十人十色。首がちぎれたり、内臓が出たりといった
ゴア描写が多い映画は、私にとっては、怖い映画ではなく
気持ちが悪い映画。悪魔とか殺人鬼に追っかけまわされる
お化け屋敷タイプは「まあ、これは現実にはないわな」という
心理的な距離感があるので、恐怖とはちょっと違う。
それじゃあ、何が怖いかというと「これ、あるかも」と感じる
ような映画が、まさにツボだ。ホラー映画の評価が「怖い」
「怖くない」と極端に分かれるのは、映画の優劣というより
単純にこの相性の良しあし、好みの問題なのだろう。

「残穢」は怪現象を、二人の女性が論理的に解明しようと
する点で「リング」と同じタイプ。けれど、その過程で、次々に
出てくるエピソードの一つ一つが、映像化されると相当怖い。
娘が結婚した夜に首を吊った女性、ゴミ屋敷に暮らす老人
赤ん坊を何人も殺した母親、精神を病んだ男。過去に起きた
様々な不幸をさかのぼり、そのルーツをたどると、それは
遠く離れた福岡の炭鉱で、100年以上前に起きた炭鉱の火災
にあったというのは、かなりすごいことだ。

ランダムに伝播する呪い、祟り。どこで穢れに触れたのかも
分からず、逃れるすべもないとなれば、いや、これは怖いわ。
私は原作未読なのですが、読んだ人によれば
「本のほうが怖い」とのこと。ホラーというのは、映画のように
ビジュアル化したほうがより怖いと思っていたので、これはもう
近いうちに読むしかありません。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア