赤い羊は肉を喰う

著者の五條瑛さんは、防衛庁で情報・調査関連の仕事を
されていたという異色の経歴の作家さん。

東京の、下町の空気と人情が残る八丁堀。
内田偲は、社長の内田(同姓だが他人)を入れて
わずか3人という小さなリサーチ会社の計数屋。

偲は、ひったくりにあった老人を助けた笙という浪人生と
笙の幼なじみの理香子と知り合うが、理香子が、何者かに
殺されてしまう。

過激なプロモーションを展開する「kohaku!!」というアパレルの
ブランドと、それを率いる渡辺エスターという男。

渡辺は、かつてナチズムにも通ずる、大衆心理の操作という
テーマを追求したワタナベ・グループなる天才集団の一人。
彼は、人間の悪意を操作することで、大衆を煽動できる
ことを実証しようとし、その計画に気づいた偲たちは
それを阻止しようとする。

ささやかな日常を大切にし、隣人たちと助け合い、真っ当に
生きようとする人たち、偲や笙や、桐細工の店の女将や
若旦那などのキャラクターがすごく丁寧に描かれている。
彼らが、大衆をコントロールしようとする渡辺たちと対峙する
ことで、その危うさや異常さがより際立ってくる。

結果的に偲たちは、渡辺の企みを阻止することはできなかった。
日比谷バベルという大型ショッピングセンターのオープニング・
セレモニーで起きた、些細なアクシデントをきっかけに
詰めかけた聴衆が店に乱入して、商品を略奪し始め
飾られていたガラス器やスツールが倒壊して
降り注ぐガラスの雨が、人々の血で染まる。
水晶の夜の再現ともいえるこの光景は、凄惨だが美しい。

この小説は、殺人事件の犯人云々が主眼ではなく
とても丁寧に張り巡らされた伏線と
天才集団VS無名の市井の人々という魅力的なキャラクターたちが
混然一体となって、ドラマチックなラストを迎えるという
ミステリーとしては異色だが面白い話だった。

実は、高村薫さんも、五條瑛さんも、ある意味BLちゃあBLで
その方面の熱烈なファンの方もいます。私は、特にBL要素に
注目して読んでるわけではないのですが、高村さんにしろ、
五條さんにしろ、ものすごく壮大な仕掛けで、そういう人間模様
を描くことができるのが、何気にすごいなと思います。

この本は、私のお気に入りの一冊なので、HNはここから
お借りしました。
スポンサーサイト

凶悪

2013年の日本アカデミー大賞にノミネートされたけど
確か最優秀賞は取れなくて
「まあ、それはそうだろうな」と思ったのを覚えている。

誰が観ても、楽しいとか、感動したと感じるのとは
対極にある映画。観る人を選ぶなんて言われる系かな。

「凶悪」(2013)
    監督 白石和彌 
    出演 山田孝之 リリー・フランキー ピエール瀧

ちょうど「そして父になる」も封切られていた時期で
「凶悪」を先に観ると、リリー・フランキーさんが、絶対いい人
に見えなくなるから「そして父になる」を先に観たほうがいい
というアドバイスを見かけて、それに従ったのは正解(笑)

原作は「凶悪 ある死刑囚の告発」というドキュメンタリー。
雑誌記者藤井(山田孝之)のもとに、死刑囚須藤(ピエール瀧)
から手紙が届く。彼は、自分にはまだ余罪があること、そして
そのいくつかの殺人の黒幕が、「先生」と呼ばれている、
不動産ブローカー木村(リリー・フランキー)だと告白する。
須藤の話を聞いて、藤井は事件の取材を始めるのだが

須藤は、暴力団の組長だから、人を殺すこと、人の命を何とも
思っていない。一方非力な木村が、須藤を支配できるのは
一にも二にも金の力。木村は、金のためなら、どんな残虐な
ことでもできる人間だ。けれど、奇妙なことに、彼ら、特に木村
には驚くほど罪悪感がない。まるで、レジャーのように、嬉々と
して、人を殺したり、ばらばらにしたりする。

それでいながら、木村には家庭があり、娘もいて、須藤も
犯罪を重ねる一方で、思わぬ人間性を見せたりもする。
彼らは、果たして生来の犯罪者であり異常者なのか。

それとも、と思わせるのが、電機屋の老人を殺すエピソード。
牛場電機の一家は、お金に困っている。木村は、酒好きの
父親に掛けられている保険金に目をつけ、老人をだまして
大量の強い酒を飲ませて殺すのだが老人の、妻も、息子夫婦も
この計画を知っていて黙認している。果たして、凶悪なのは
直接に手を下す人間だけなのか、これが人間の本性なのか。

そして記者の藤井もまた、家庭では、認知症の母親や、その介護に
疲れ果てた妻との軋轢を抱えながら、仕事を口実に、現実から
目をそらし、ただ沈黙しているのだ。

この映画は、善人の視点から、凶悪な人間を描いたものではない。
だから「こんな悪いことしたらいけませんよ」みたいな空気や
なぜ、彼らはそうなのかみたいな分析的な視点もない。
それでも、映画に漂う底なしの陰惨さは、悪は、ある意味
人間に普遍的なものという暗示が込められているからで
それが、救いようのない、嫌な後味にもつながっていると思う。

「凶悪」は、同じく実話ベースの「冷たい熱帯魚」と比較されることが
ありますが、「冷たい~」は中盤までは緊張感がありますが、終盤に
かけて、どんどんユルい感じになっていくので、最後の最後まで
ほとんどウェットな展開にならなかった「凶悪」のほうが好きです。

余談ですが、最近映画版「64」前編、後編を観て、やっぱり映画は
終わらせ方が一番難しい。近年の邦画は、最後がグダグダで
「何じゃ、こりゃ」な感じになるのが増えた気がします。



ブラック・スキャンダル

ジョニー・デップの薄毛ヘアーが
ずっと気になっていたのでWOWOWで鑑賞。

ブラック・スキャンダル(2015)
 監督 スコット・クーパー
 出演 ジョニー・デップ ジョエル・エドガートン
     ベネディクト・カンバーバッチ

ボストンの犯罪組織のボス ジェームズ(ジミー)
・バルジャー(ジョニー・デップ)は、幼なじみで
今はFBI捜査官のコナリー(ジョエル・エドガートン)に
誘われてFBIの情報屋になる。
ジミーとコナリーは持ちつ持たれつの関係で
敵対するイタリアン・マフィアを潰すのに成功。
ジミーはその後も、障害になる人間を次々に抹殺し
アイリッシュ・マフィアのウィンター・ヒル・ギャング
のボスにのぼり詰める。

これはFBI史上最悪の、汚職事件の実話なのだが
その事件のてんまつよりも、稀代の犯罪者ジミー・
バルジャー像を描くことに重点が置かれている。

ジミーは犯罪者ではあるが、殺人狂の異常者では
ない。死別したこどもへの思い、コナリーとの
幼い頃からの友情、そして上院議員の兄ビリー
(ベネディクト・カンバーバッチ)や母親に対する愛情
祖国アイルランドへの思い入れ。

そういう人間的な側面を織り交ぜながらも、のし上がって
いくにつれて、ジミーはどんどん冷酷で非情になっていく。
大きな声で恫喝したりとかほとんどせず、静かなのに
凄味が増していくというか、翳が濃くなって「この人と
目を合わせたら殺されそう」みたいになっていくジョニー・
デップはマジで恐い。

けれどジミーが大物になるにつれて、彼の孤独は増していく。
手あたり次第の粛清で、部下を恐怖で支配しようとしたことで
身内や古くからの部下も、ジミーから気持ちが離れていった。

どこまでが実話で、どこが映画としてフィクションなのかは
分からないし、実在の人物なのでその縛りもあって
あまり劇的な結末がつけられなかった、やや窮屈な感じはあるが
稀代の事件を起こした男を、一人の人間として描きたい意図は
感じられて、私はどこか「ゴッドファーザー」にも通じるものが
あるように思いました。

それにしても、警察と反社会勢力と政治家が三位一体なのは
万国共通なんでしょうね。だめだ、こりゃ。



プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア