FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淵に立つ

これも多分「観る人を選ぶ」なんて言われそうな
映画になるのかもしれませんが。

「淵に立つ」(2016)

監督 深田晃司
出演 古館寛治 筒井真理子 浅野忠信

鈴岡利雄(古館寛治)は小さな金属の加工工場を
営んでいる。家族は妻の章江(筒井真理子)と娘の蛍。
ある日、利雄の古い友人で、殺人で服役し出所してきた
八坂(浅野忠信)が利雄の工場を訪れ、住み込みで
働くことになる。

いやあ、こんなに肝心のところを何も説明してない映画も
珍しい。だから観る側の受け取り方で、かなり解釈が
違ってくるんじゃないかと思う。

利雄の家庭に八坂が入り込んだことで、一見平穏に
暮らしていた家族、特に妻の章江の気持ちが激変し
それが、大きな悲劇を生む要因にもなった。

八坂は、この映画の中では、表の顔と裏の顔を使い分ける
わりと分かりやすい悪のように描かれているが
実際には、娘の蛍の怪我が、八坂のせいだったのか
というところも明らかにされてはいない。

だから視点を変えてみると
過去に八坂の犯罪に関わっていながら
そのことをまったく章江に話しておらず
八坂を雇い入れることについても
一言も説明しない利雄はどうなのか。
信仰を持っているはずなのに、なし崩しに
八坂に、女として魅かれてしまった章江はどうなのか。
この映画の中で、誰が一番悪いと思うかと聞かれたら
正直答えに詰まってしまう。

冒頭の三人の食事シーンで
利雄は、妻と娘の会話にも行動にも関心がなく
妻と娘は、二人の世界で会話しているのだけど
こういう家族は普通にありそう。
家庭という入れ物はあっても、お互いに共感はなく
ひとりひとりは、孤独で不安定。
だから八坂という異物が入ってきたことで崩壊した。

娘の蛍が重い障害を負ったことで
利雄と章江は、夫婦の形を取り戻し
献身的に蛍の世話をする父と母になるのだが
家族の前に、八坂の息子と名乗る青年が現れたことで
悲劇は再び繰り返される。

もしも、八坂と利雄の過去が全て明らかにされていたら
八坂が蛍に直接危害を加えたという設定だったら
この映画は、かなり違う展開になっただろう。
そもそも、人間って、そんなに単純な感情で動くもの
なのだろうか。実は、一つ屋根の下で暮らしていても
分からない、もしかしたら、自分自身でも理解不能な
様々な感情に揺さぶられながら、日々を生きているん
じゃないのか。

ただ私が最後まで、その気持ちが理解できなかったのが
章江が見る、八坂の幻影の意味。
あれは恐怖なのか、それとも…。
こんな具合で、全部観る側に丸投げされているのに
しっかりと芯が通っている感じが心地よかったです。
改めて「ああ、これは理解できる」と思える映画と
誰が観ても「分かりやすい」映画というのは
明らかに別物なんだなぁと思いました。

偉そうなこと言ってますが、現在「ツインピークスThe return」に
大苦戦中。わ、わからん(泣)

スポンサーサイト

セッション

少し前に録画したのだけど
「ジャズ」の映画というのが何か敷居が高くて
保留していたのを、涼しくなってきたので観た。
で、出てきたスキンヘッドのおじさんに見覚えがあると思ったら
いつも観ている「クローザー」のポープ本部長!

「セッション」(2014)

監督 デイミアン・チャゼル
出演 マイルズ・テラー J・Kシモンズ

ニーマン(マイルズ・テラー)は、一流のジャズドラマーを夢見て
名門のシェイファー音楽院に通っていた。ある時、フレッチャー
(J・Kシモンズ)というカリスマ教授の目に止まり、彼のバンドに
スカウトされたが…

フレッチャー教授の指導のもと、ニーマンたちが練習しているのは
ビッグバンドと言われる、楽団で演奏するスタイル。フレッチャーは
テンポやスピードに異常なほどこだわり、メンバーは楽譜を完璧に
暗譜し、音程もテンポもわずかな狂いも許されない。

なんだか、ジャズの話というより、漫画の「のだめカンタービレ」の
変なマエストロが出てくるクラシックの世界に似ている。
下品な差別用語の嵐や体罰、暴言、とても教育者と言えないような
ほぼ性格破綻者で偏執狂のフレッチャーだが、ニーマンは
どれだけ虐められても、フレッチャーに食らいついていく。

けれど意外に、この二人似た者同志なのかと感じたのは
ニーマンが、自分から好きだと告白した女性に「ドラムを
叩く時間がなくなるから」と、これまた一方的に別れを切り出した時。
屈折した劣等感の反動としての、異常なくらいの上昇志向や
相手の気持ちを全然考えない自己中心的な言動が
微妙にフレッチャー教授とかぶるのだ。

しかしニーマンは、所詮怪物フレッチャーの敵ではない。
彼の夢は叩き潰され、とうとうニーマンはドラムを諦める。
ところがフレッチャーは、そんなニーマンにさらに追い打ちをかける。
なにしろ、過去の生徒の中には、うつ病で自殺した人がいるほど
フレッチャーの攻撃は、徹底的に陰湿で容赦がない。

そんな二人の関係性が、画期的に変化する最後の演奏シーン。
ニーマンは、フレッチャーの指示を完全に無視して
自分で選んだ曲を、自分の思い通りに演奏する。
これは「和解」でも「勝利」でもなく「訣別」なのだと思う。

長い間、フレッチャーという存在に、良くも悪くも支配されてきた
ニーマンが、その呪縛から自分を解放し
自分のドラム、自分の音楽をつかみ取った瞬間でもあった。

何が正解なのかは分からない。指導者に従順に従うことが、上達し
一流になるための道なのかもしれない。指導する側は、それが
正しいと確信しているのかもしれない。
教師と生徒、指導者と弟子、あるいは、夫と妻や親と子などで
フレッチャーとニーマンのような関係は、あんがいありそうだ。

そこから自由になるためには、もの凄いエネルギーが必要で
ニーマンみたいに満身創痍になるかもしれないが、それでも不可能
ではないと感じられたことで、私には「ああ、いい映画だなぁ」
と思えた一本でした。
でもシンプルな映画なのに、切り口が多いので
感想を書くのは、すごく難しかったです。

チャーリングクロス街84番地

いつも感想を書いている映画とは対極にある
これといった大きな事件がまったく起こらない映画。
のみならず、主役の二人が一度も顔を合わせない
という、別の意味で、かなりすごい映画でもある。

「チャーリングクロス街84番地」(1986)

原作 ヘレン・ハンフ
監督 デヴィッド・ジョーンズ
出演 アン・バンクロフト アンソニー・ホプキンス

NY在住の、貧しい小説家ヘレン(アン・バンクロフト)
は、英文学の稀少本の収集が趣味だが、アメリカでは
その手の本は高額。そこで、新聞広告で見かけた
ロンドンの古書店マークス社に、注文の手紙をだす。
すると店主のフランク(アンソニー・ホプキンス)から
ていねいな手紙と一緒に本が送られてきた。

それからの20年にわたる往復書簡が原作で、副題は
「書物を愛する人のための本」らしい。
人間関係も含めて、現在では絶滅しているか、絶滅
寸前のアイテムが、そこここに散りばめられている。

文通、価値のある古書、古書に対する愛着
人と人の信頼関係(商取引だけでないプレゼントの
やり取りや、代金の後払い)良質のユーモア。
私のように、未だスマホを持たない、時代とずれてる
人間には、なくなってほしくないものばかりだ。

大戦後、ロンドンの食糧難を知ったヘレンは、度々
マークス社に食料を送り、フランクだけでなく
店の従業員みんなと、家族のような付き合いを
続けた。ヘレンが、エリザベス女王の戴冠式の時に
渡英するというので心待ちにしたが、実現しなかった。
ヘレンが来ないことを知った時のフランクの落胆。

それじゃあ、これは恋愛映画なのかというと
それはちょっと違うような気がする。

ヘレンが言う。
「私のことを本当に理解してくれるのはあなただけ」
つまり、彼女の、書物に対するこだわりや愛着、愛情を
理解してくれたのは、フランクだけだった。フランクもまた
ヘレンのユーモアのセンスや文才を愛し、ヘレンとの
交流を楽しみにしている。けれど彼には愛する妻も
二人の可愛い娘もいて、ヘレンに対する気持ちは
いわゆる男女の愛情というのではなく、かといって
友情というのとも微妙に違うように感じるが
そのあたりの真実は、ものすごくデリケートに
フランクを演じたアンソニー・ホプキンスに聞かない
限り分からないと思う。

「羊たちの沈黙」のレクター博士で、すっかり怪優のイメージ
になったアンソニー・ホプキンスですが、私のマイベストは
この「チャーリングクロス街84番地」と、これまた地味地味な
「日の名残り」なのは、自分でも不思議です。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
509位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。