FC2ブログ

アイデンティティー

wowowの番組表の「驚愕の展開どんでん返し映画」という
うたい文句につられた。美容とか、ファッションとか
健康関係の宣伝にひっかかることは、まずないが
映画とかドラマとか本だと、見事にひっかかる。

「アイデンティティー」(2003)
 監督 ジェームズ・マンゴールド
 出演 ジョン・キューザック レイ・エリオッタ

豪雨のせいで、さびれたモーテルに泊まることを、余儀なく
された10人の男女。交通事故で重傷を負った女性と、その
夫と息子。事故を起こした車に乗っていた女優と、もと刑事の
運転手(ジョン・キューザック)結婚したばかりのカップルと
娼婦。そして凶悪犯と、彼を護送している刑事(レイ・エリオッタ)
しかし女優が残虐に殺されたのを手始めに、正体の分からない
殺人鬼によって、ひとり、また一人と殺されていく。

私は単細胞だから「な~んだ。定番のパニックホラーじゃん。
これなら楽勝」と思った。しかも、人がザクザク殺されていく。
あっという間に半分くらいになって、死体を冷凍庫に隠してた
なんていう、いかにも怪しいモーテルの管理人なんかもいて
「この中で、一番怪しくなさそうな人が犯人だな」と考えたのだが。
モーテルの管理人が犯人だと「サイコ」のパクリみたいだから
それはないだろうなどという、極めて安易な消去法。

しかし、この映画、実は寄って立つ世界そのものが異質だった。
こういう、現実を錯覚させるようなストーリーは、確かに映像の
ほうが向いている。この結末は、好き嫌いが分かれそうだけど
私は「やられたっ」って感じで、気持ちよくだまされたので
思いもよらない掘り出し物だった。

小説でも時々、まったく想定外の結末を描いたものに出会うこと
があるけれど、言葉を重ねて、こういうタイプのどんでんを
仕掛けようとすると、すごく複雑な伏線を張らなければいけなか
ったり、結末ありきでストーリーが不自然になったりするので
やっぱり映像のほうが向いているように思える。

この数年、海外のドラマを観ることが増えて、映画を観ていても
「この人どっかでみたことある」というのが多くなりました。
「アイデンティティー」では、連続殺人犯を演じたプルイット・
テイラー・ヴィンス。「メンタリスト」のラローシュ捜査官でした。
最近では、糖尿病が心配な体型になっちゃってますが
かなり俳優歴が長い、個性的な俳優さんです。


スポンサーサイト



猿の惑星 聖戦記

これはもう、映画館で観るしかない映画だった。

「猿の惑星 聖戦記」

監督 マット・リーブス
出演 アンディ・サーキス ウディ・ハレルソン

「創世記」「新世紀」とハマりにハマった「猿の惑星」新シリーズ。
優れた知能を持ち、言葉を話せるシーザーの成長物語も
これで最終章。すわ人類VS猿類、最終決戦かと思いきや
前二作が、わりとシンプルな構成だったのに比べると
「聖戦記」は、格段に重層的な性格を備えた物語になっている。

「新世紀」から2年後、シーザー(アンディ・サーキス)率いる
猿たちの集団は、山の奥深くに築いた砦で暮らしていたが、
そこを兵士たちに見つかってしまう。シーザー殺害を企てた
マカロック大佐(ウディ・ハレルソン)は、シーザーの住み家を
急襲。妻と、長男のブルー・アイズを殺害した。
怒りに燃えたシーザーは、仲間を安全な土地へ逃がし、自らは
単身、大佐を追って、復讐の旅に出る。

これまで、猿たちのリーダーとして、仲間たちの自由と幸福
のために戦ってきたシーザーの戦いは、今回は私怨。
妻子を殺された悲しみと憎しみだけで、無謀な行動を重ねる
シーザーに、親友のモーリスが言う。
「シーザーは、人間への復讐にとらわれたコバと同じだ」

ここまできたら、もはや猿の世界のお話ではない。
前回のコバとシーザーの戦い以降、人間の側についた猿たちが
いて、さらに人間サイドも、対立する二つの集団がある。
そして、リーダーとしての自覚も、大義もなく、暴走するシーザー。

怒りや憎しみが生むのは、終わりのない戦いの連鎖。「聖戦記」の
舞台は、あまり陽のささない深い森、そして雪山。前二作に比べて
全体のトーンはとても暗い。そんな中、未来へのかすかな希望を
感じさせるのが、言葉はしゃべれないけれども、人間とか猿とかの
種族の差異の感覚がない少女ノバ、そして動物園で、人間の言葉
を覚えた、新種とも言えるチンパンジーのバッド・エイプ。
リーダーとしての使命感を取り戻したシーザーは、捕らえられた仲
間を救出し、新天地へ誘った後力尽きる。

私は、1960年代に作られた「猿の惑星」から始まった過去の
シリーズはほとんど見ていないので、新シリーズは独立した物語
として観ましたが、今回のシーザーは、もはや人間にしか見えず
猿VS人間という異種の物語の形をとってはいますが、実は
同一の種でありながら、わずかな差異で際限なく争い続け
戦い続け、そこに解決の手段を見出そうとしない人類は
やがて滅亡への道を歩むほかはないという
この世界のメタファーという意味合いが、よりくっきりと
したものになっているように感じてなりませんでした。

新リア王

選挙が始まって、選挙カーが走り回るようになると
読み返したくなるのが、高村薫さんの「新リア王」
青森県選出の衆院議員福澤榮と、その一族の
四十年余にわたる三部作の第二部の物語。

国会を脱走して、故郷の青森に戻った榮は、晴子
という女性との間に生まれた庶子、彰之が暮らす
雪深い草庵を訪れる。

「新リア王」には、1980年代当時、国家の中枢にいた
政治家たちが、数多く実名で登場する。55年体制が
崩壊し、自民党が主流、反主流に分裂するなかでの
解散総選挙。その最中に、大平総理が急逝した。

四十年近く昔の話とはいえ、候補者やその家族
スタッフや支援者の行動や心理には、そう大きな
違いはない。描写は緻密でリアルで、政治家というもの
選挙というものは、おそらくこんなものなんだろうなと思う。

民主主義が、政治が、そして選挙が、イデオロギーの対立
ではなくなって長い時間が流れ、政治は、無数の利権の
やり取りを争う場になった。それでも、候補者たちは、変革
のイメージを喚起する言葉を重ね、有権者の前に、なんとか
バラ色の未来の設計図を描いてみせようとする。

平成の初めまでは70%前後だった投票率が、近年では
5割近くまで下落して、政治家たちの言葉が、もう私達には
届かなくなっていると思えるのは、私が悲観主義者だから?

世襲制の必然を信じて、息子の優を政界に送り出した榮は
青森県知事選挙で、無謀な選挙を戦ったあげく、その息子に
惨敗する。

本来なら、生臭くギラギラする政治の世界を、彰之が語る仏道の
言葉と対比させて、是もなく非もなく語り上げた、この壮大な物語
の帰結は諸行無常か。その美しさが病みつきになる。

高村薫さんの小説は、1回読んだだけでは、頭に入りません。
「新リア王」も、7、8回は読み返しています。読むこと自体が
忍耐を伴う修行みたいなものですが、最後のページにたどり
つくと、言うに言えない快感みたいなものがあります。単に
私が、読書に関しては、どMというだけなのかもしれませんが。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア