福岡今昔映画話 1

私が小学校に入学したのは昭和30年代の半ばだが、その頃から
テレビの普及が急速に進んだ。しかし、私の父は故大宅壮一氏の
「テレビ一億白痴化」説にいたく共感して、家にテレビを置かなかった。
そのかわり、本は好きなだけ買ってもらえたし、テレビを買わない埋
め合わせとして、ほぼ毎週のように中州に映画を見に連れていって
くれた。それで物心ついた時には、映画はすでに私の生活の一部に
なっていた。

 当時福岡市内にはそれはたくさんの映画館があった。昭和20年の
敗戦の年にはわずか3館のみだったのが、昭和24年の福岡金星劇
場の開館を皮切りに中洲に設備の充実した一流館が次々にオープン
した。(さすがにこの時はまだ生まれていませんが)

 そして昭和32年には市内の映画館の数は77館に達し、なんと全
国一になったのだという。敗戦後の、娯楽らしい娯楽のなかった時代
に映画の人気は急上昇した。昭和29年の夏には、映画史に残る話
題作「君の名は 第三部」「七人の侍」「ローマの休日」などが公開
されたこともあって、昭和33年の国内映画の観客の総数は11億
2700万人という史上最高の数字を記録したのだった

 この時期私の記憶にあるだけでも中洲には、宝塚劇場、スカラ座
東宝シネマ、名画座の4館が入った宝塚会館、天神から西大橋を
渡って、以前城山ホテルがあった場所は当時は日活ホテルで、そ
の中に福岡日活、その北側に福岡大映があり、日活ホテルと明治
通りをはさんで向かいに、現在も営業をしている大洋劇場、東中洲
には福岡東映、福岡松竹、SY松竹があり、天神には朝日会館が
あった。

 中でも一番よく行ったのは宝塚劇場で、ここは一ヶ所で邦画も洋
画も、懐かしの名画も観ることができる、今のシネコンの草分けの
ようなつくりだった。一番最初に観た映画がなんだったかは、もう
覚えていない。
 円谷プロの特撮映画、加山雄三の「若大将シリーズ」森繁久彌
主演の「社長シリーズ」。宝塚会館には上映作品が入れ替わるた
びに通っていたような気がするから、おおかたは観たのだろうと思
うが、残念ながらこうした娯楽映画は、ほとんど記憶には残らなか
った。

 けれども今でも幾つかのシーンが鮮明によみがえる映画がある。
今にして思えば、それらが自分の感性の土台を作ることになったも
のたちだ。
 5才とか6才から観た映画について全部書いていたら、とても間に
合わないだろうと思う。それは本にしても同じだ。筋を忘れているも
のもいっぱいある。だからとりあえずは、自分の愛したもの、自分の
根っこになったものたちについて書いていこうと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
706位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア