pink

先月福岡で開催された、岡崎京子の
「戦場のガールズライフ」という原画展を観た。

岡崎京子という漫画家を知ったのは
関川夏生さんが、平成11年に「リバーズエッジ」について
書かれた新聞記事を読んだからで、岡崎さんは交通事故で
重傷を負い、長期の療養に入られていた。

「リバーズエッジ」が面白かったので
その後岡崎京子の本を見つけると次々に読んだ。
その岡崎さんのたくさんの漫画の中で
「これ!この感じ!」と思ったのが「pink」

ユミは、昼間はOL,夜はホテトル嬢をしながら
部屋でワニを飼っている。掛け持ちで働くのは
ワニの餌代がかかるから。そんなユミちゃんは
ピンク色のものが大好きだ。

「pink」の何がそんなにツボだったかと言うと
岡崎京子の漫画に共通する
リアルと虚構のコンビネーション
その混ざり具合が絶妙だったのだ。

岡崎京子の漫画は「都会の若者たちの閉そく感」
と要約されるような、若者の孤独や焦燥や絶望
あるいは性といったリアルの部分が取り上げられることが
多いが、そのリアルなドラマの背景
あるいはドラマ自体にも、とてもユニークな虚構が
ちりばめられていて(「リバーズエッジ」の白骨死体とか
「pink」のワニとか「ヘルタースケルター」の全身整形美女
とか)そのおよそリアルとは思えない虚構が
リアルの部分を際立たせている。

この魅力的な虚構を生み出したベースにあるのは
作者が愛した、多くの映画や小説、絵画や音楽
なのだろう。今回の個展で、あの有名な「平坦な
戦場で僕らが生き延びること」が、SF作家ウイリアム・
ギブスンの詩だと知って、もう「参りました」って感じ
だった。私がSF映画や小説にはまりだしたのは、つい
最近のことで、ギブズンの名前を知って、まだ2年にも
ならない。なんか無駄に年を取ったなと思う。

もっと若い頃に出会いたかったと思うものが
今になって出てくる。もちろん、生きていれば
自分が面白いと思うものには出会えるものだけど
もうこれで十分だと言うには
人間の一生は、案外短いのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア