猫なんかよんでもこない

昔から動物が好きだ。
人間同士の話だと、どんだけ「感動の〇〇」と言われても
「ふ~ん」くらいのリアクションしかできないのに
とにかく動物が出ているだけでウルウルしてしまう。
「皇帝ペンギン」で泣き「星になった少年」で泣き
映画でなくても、犬が飼い主を追いかけるシーンなんか観ると
すぐ涙が出る。涙腺が動物専用なのかもしれない。

で「猫なんかよんでもこない」を観た。
原作は杉作さんの実話漫画
監督 山本透

兄貴のアパートに居候をしている
プロボクサー志望のミツオ(風間俊介)
猫嫌いなのに、兄ちゃんが猫を拾ってくる。それも二匹。
クロとチンという、なんとも適当な名前をつけて
何かと思い通りにならない猫たちと暮らし始めた。

しかしミツオは試合中のケガが原因で
ボクサー生命を絶たれ、兄ちゃんも彼を見捨てて
田舎に帰ってしまい、2匹の猫とミツオが残される。

お金ない、仕事ない、猫いる。
さあ、どうするミツオ、みたいな
結構グダグダなお話なんだけど
猫がいっぱい出てきたので大満足。
動物さえ出てくれば、内容の如何や
映画の出来不出来は問わない(オイ!)

風間俊介クンは「金八先生」の時すごくがんばってた
記憶があって、同じく「金八先生」でインパクトがあった
濱田岳クンが、いまや存在感のある
個性派の俳優さんになったので
ぜひ風間クンもがんばってほしいと思った。

アパートの大家さんは、市川実和子さん。
そういえば、昨年「シン・ゴジラ」尾頭さん役で
大ブレイクした、妹の市川実日子さんも
「レンタネコ」という、とてもまったりした映画に出てたので
お二人とも、猫がお好きなのかな。

基本猫は「演技」はしないので
ただうろうろしているのを撮るだけみたいになるのだが
この映画は、そんな猫を、わりとじっくり、いろんなシチェーションで
撮っていたので、猫映画としては、ポイントが高かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア