キングコング 髑髏島の巨神

「猿の惑星」にハマってから、お猿さんフェチになったという
わけではないのですが、去年の「シン・ゴジラ」で
「コレジャナイ」感があったので、そのリベンジと
何より監督さんが「地獄の黙示録」が好きらしいということで即決。

監督 ジョーダン・ボート・ロバーツ
出演 トム・ビドルストン ブルー・ラーソン
    サミエル・L・ジャクソン etc

実際に観に行けたのは昨日だったけど
いやあ、面白かった。大満足。
そして、確かに、全てにおいて
「猿版 地獄の黙示録」だった。

「地獄の黙示録」は、私が今まで観てきた映画の金字塔。
あれを超える映画は、生きている間にはもうないと思う。

洋画も邦画も、旧作のリメイクというのは結構あるけれど
オリジナルが面白ければ面白いほど
リメイク版をみようという気にはあんまりならない。

しかし、これは……
「そうか、その手があったか」という感じだった。
映像面だけ見ても、監督が「地獄の黙示録」のどの場面が
好きなのかが、一目瞭然。

もちろん怪獣映画が大好きという人は
冒頭からキングコングが大暴れし
その後も息つくひまもなく、次から次へと
巨大でユニークな怪獣が登場する、大盤振る舞いの豪華さ。

一方私のように「地獄の黙示録」大好きという人間には
いたるところに「地獄の黙示録」に対するオマージュが
感じられて、大感激しました。

あれだけ、世間の評判も、評価も高かった
「君の名は。」にも「この世界の片隅に」にも
アカデミー賞をいくつか取った「ラ・ラ・ランド」みたいな映画にも
ぴくりとも反応しない、お粗末な私の感性ですが
とりあえず「これはテレビのサイズで観たらさみしい」という映画だけは
今年もなるべく映画館で観たいなと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おおっ!

おじゃまします。
この映画、私の周りでも結構評判良いんですよねぇ。
レビュー参考になりました。
私も観に行こうかとかな。。

お勧めです!

こんばんわ!

私は「地獄の黙示録」目線で、大感激でしたけど
とにかく「1000円でステーキ食べ放題」くらいの
満足感があります。

理屈抜きにただただ楽しい、そんな映画でした。
是非、是非!!

コメントありがとうございました!

なるほど

こんばんは。

「シン・ゴジラ」には感動した私ですが、こちらは本来の怪獣映画の楽しさが詰まっているように感じました。

「理屈抜きの楽しさ」は大いにアリだと思います。

それと本作が「地獄の黙示録」調だというご意見、なるほどと言う感じでした。じつは私数年前までサミュエル・ジャクソンとローレンス・フィッシュバーンの区別がつかない時期がありまして(ーー;) その意味でも「黙示録」の風情はかなり纏っていたような気がいたします。

目力勝負では

コメント ありがとうございます!

どうも、自分がのめりこんだ映画への思い入れが激しいもので
ずいぶん的外れな感想を書いてる気もしますが。

でも今回「キングコング髑髏島の巨神」を観て
改めて「地獄の黙示録」という映画の持つ
異色のファンタジー性に、気づかされました。

それにしても、サミュエル・ジャクソンとキングコングって
どことなく顔が似てるような。
だから、コングに立ち向かっても、目力で負けてなかったですね(笑)



プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア