葛城事件

封切りの時から気になっていた映画だったので
「葛城事件」を、オンデマンドで鑑賞。

監督 赤堀雅秋
出演 三浦友和 南果歩 新井浩文 若葉竜也 田中麗奈

親から受け継いだ小さな金物屋を営む葛城清(三浦友和)は
マイホームを建て、妻(南果歩)と、長男保(新井浩文)
次男稔(若葉竜也)を育ててきたが、支配的、高圧的な清の
もとで、内向的な保は会社をリストラされ、妻子を残して自殺。
父親に反抗した次男は、引きこもりになり、無差別殺人を犯す。

この映画ほど、観ている人の立場<男性(父親)女性(母親)
子供>で、感想が分かれる映画も珍しいんじゃないだろうか。
ヤフーのレビューに「自分の育った家庭とそっくり」という感想
があったのもうなずける。

長男の自殺とか、次男の無差別殺人とか、センセーショナルな
事件の部分を除いてみると、案外、どこにでもあるような家族の
風景、親子のやり取りが描かれているからだ。

葛城清という父親は、本当にそれほどどうしようもない、ひどい
男なんだろうか。「男は、家を建て、一国一城の主として、家族を
食わせていく」ことを最高の価値と考え、それが清のプライドの
拠り所でもあった。男として、夫として、自分はちゃんと務めを
果たしているのだ。それの、どこが悪い、何が間違っている。

「俺が一体何をした」

清のこの言葉は、開き直りではなく、彼は本当に分からないのだ。

そのわけを、とても象徴的に表しているシーン。
それが、リストラされた長男が、行く場所がなくて、父親の店に
顔を出す場面。彼は、失業したことを誰にも言えず、父親にも
「営業の途中で寄った」と嘘をつくのだが、いつも父親が
店番をしている椅子に座る。ほとんど客が来ないさびれた店と
並んだ商品の隙間から見える、ほんのわずかな表の風景。
清は、生涯、たったそれだけの世界の中で生きてきた。この
あり得ないくらい狭い世界で。

葛城清という男の人生を、観る者に一瞬で訴えかける、この場面。
これが映画の凄さであり、面白さだなと思う。

社会が豊かになり、均一なものになるに従って
住宅メーカーのCMに出てくるような「理想の家族」という
イメージが広がった。地域社会の縛りがゆるくなった代わりに
「家族」の呪縛が、家族を苦しめていると言ったら言い過ぎだろうか。
ぶっちゃけ、家族のコミュニケーションって、実は難しいのに。

そう言えば「渇き」という映画の中でも
役所広司さんが楽しそうに演じていた、イカレた刑事のオッサンの
「理想の家族」の幻想シーンが、笑ってしまうくらい凄かった。

「葛城事件」を観て、葛城清のどこがどうおかしいのか
(息子を殺そうとしたことは別として)もう一つピンとこない方は
家庭崩壊の危険性があるので、気をつけてくださいね(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1012位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
456位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア