スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも怪奇な物語

まぎらわしいタイトルだけど、タモリさんがナビゲーターの
アレではない。

世にも怪奇な物語(1967) 仏・伊
 原作 エドガー・アラン・ポー

初めて観たのは「日曜映画劇場」で
たぶん中学生の時だったと思う。
細部はほとんど忘れていた。
唯一覚えていたのはラストシーン。

疾走する車、崩落した橋。
細いワイヤーが男の首を切断する。
白いワンピースの少女が、その首を抱えている。

先日GYAOで、数十年ぶりにじっくりと観ることができた。

この映画は、3話のオムニバス構成で
私の記憶に強烈に残ったのは3話目の「悪魔の首飾り」
監督がフェデリコ・フェリーニ 主演テレンス・スタンプ

イギリスの著名な俳優トビー・ダミット(テレンス・スタンプ)
は、フェラーリをくれるというので、イタリアでの演劇の
授賞式に出席する。
冒頭の、イタリアの空港も、受賞パーティーの場面も
風景や人物は、どこか奇妙に作り物めいている。
それは、現実なのか、それともアルコールとドラッグに
溺れたダミッドの意識で歪められた幻覚なのか。
はたまた腐敗した現実へのアイロニーか。
そんなダミッドを、少女の姿をした悪魔が誘う。

恐怖というよりも、全編に退廃的な美しさが漂う。
あ~、これぞまさしくヨーロッパの文化の香り(笑)
でもやっぱり、白い服着た、金髪の女の子は怖かった。
薄笑いを浮かべた目元や真っ赤な唇の禍々しさは
絶対夢に出てきそうです。
このラストシーンが、半世紀近く経っても
私の記憶の底に張り付いていたわけが分かったような気がします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1544位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
669位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。