三匹荒野を行く

三匹荒野を行く(1963) 監督はフィレッチャー・マークル
               ディズニー製作の実写映画

私は一人っ子だったけれど、物心ついた頃から家には犬と猫
がいた。そういう環境で育つと、動物は本当の兄弟のようなも
のだ。だから私は、動物との間に距離感がないし、人間が相手
よりもむしろ動物のほうが好きかもしれない。

 当然、動物が出てくる映画も大好きだった。ディズニーの映画
は、アニメと動物の記録映画が二本立てになっていることが多
かったような気がするが、その中で「三匹荒野を行く」は、めずら
しくストーリーがある作品。原作はカナダのシーラ・ハーンフォ
ードの児童書。原題はThe Incredible Journey

カナダの雄大な自然が背景で、若いラブラドールと、年老いた
ブルテリアとシャム猫の三匹が、元の飼い主の家を目指して
300キロの旅をする。たくさんの困難と危険を乗り越え、三匹
が飼い主のもとにたどりつくラストは感動的だった。当然原作も
読んだ。

何が一番気に入ったかというと、何といっても猫が活躍する
から。私は多分子どもの頃から、猫が大好きだったのだ。
「ベンジー」とか「ラッシー」とか、日本なら「ハチ公」とか、
犬が主役、犬が活躍する映画やドラマは多いが、猫は少ない。
犬と違って、人間の言うことをあまり聞かないから、猫に演技
をさせるのはかなり難しい。だからこの映画と、もう一つ「シャム
猫FBI/ニャンタッチャブル」は、猫が活躍するというので、大の
お気に入りだったわけだ。

人間の映画で「感動する」というものには、当時からあまり興味
がなくて結局「サウンド・オブ・ミュージック」とかも観なかった。
今でも動物となると、犬や猫だけでなく、もうペンギンだろうが、
ゾウだろうが、猿だろうが、とたんに涙腺の元栓が崩壊したよう
に、うるうる、ぐしゅぐしゅになるので困る。いい年をして、不覚
にも歯医者さんの待合室で「ハッピー!」という盲導犬のマンガ
を読んでいて泣きそうになり、たいへん困った恥ずかしい思い出
もある。

「三匹荒野を行く」は「奇跡の旅」というタイトルで1993年に
リメイクもされている。
エミール・ジェネスト
2698円
powered by yasuikamo


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア