ソーシャル・ネットワーク

この監督さんだからとか、この俳優さんだからというので
映画を選ぶことは少ないのだけど
実は、デヴィッド・フィンチャー監督の映画は
ほとんど観ていたことに気づいた。

やはり最初に観た「セブン」の印象が
あまりにも鮮烈だったことが大きい。
めったに読まないノベライズまで読んだくらいだから。

そのフィンチャー監督の8作目
「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)

ハーバード大の学生マーク(ジェシー・アイゼンバーグ)
は、恋人のエリカに振られた腹いせに、ネットに彼女
の悪口を書き込んだうえに、大学のコンピューターを
ハッキングして、女の子の格付けサイトを立ち上げた。
サイトは大人気になるが、マークは大学中の女子学生
から総スカン。さらに、大学から処分を受ける羽目になるが
彼の優れたプログラミングの才能に目をつけた友人に誘
われ、後のFace bookの原型になる、コミュニティサイトを
立ち上げる。

世界最大のSNS Face bookの創設者マーク・ザッカー
バーグの実話なのかと思いきや、当のザッカーバーグの
「キャストの衣装だけは、自分の着ていたものと同じ」
というコメントでも明らかなように、マークの性格や人間像
は、どうやら完全なフィクションらしい。

天才的な才能の持ち主ではあるが、いわゆるオタクで
根暗で、成功はしたもの、親友にも見放されるような
友達になりたくないタイプではあるのだけど。
この映画の最大の魅力は、ラストシーンにあった。

Face bookの大成功で、アメリカンドリームの具現者と
なったマークが、エリカに友達申請をするが、承認されず
マークは何度も更新を繰り返す。
世界中の人々が、ネットワークでつながることを可能にした
男が、いちばんつながりたかった、たった一人の女性に
拒絶されるラスト、切なかったです。

これが実話かどうかということには大きな意味はなくて
テクノロジーにできないことは何なのか
ネットワークと人間との本質的な差異を描くのに
マーク・ザッカーバーグというキャラクターが、まさに
ぴったりだった、そういうことなのだろうと思います。

そして、ザッカーバーグは、この映画に対して
決して好意的な反応を示したわけではありませんが
極めて異色な脚色を施された自分の物語に
強く抗議をしたり、批判したりしなかったというところに
アメリカの文化が、今でも自由な創造性を失っていない
と思えて、とても羨ましくもありました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1012位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
456位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア