メゾン・ド・ヒミコ

「メゾン・ド・ヒミコ」(2005)

監督 犬童一心
出演 オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯

ちょこちょこ同性愛的な題材の映画をチョイスするけど
自分では特にBLが好きという意識はない。
ただマイノリティなものに感情移入しやすいんだろうな
とは思う。この映画もそんな一本。

かつてゲイバーのママをしていた卑弥呼(田中泯)は
ゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」を造り
老いたゲイたちと共同生活をしていた。
卑弥呼の恋人の春彦(オダギリジョー)は
末期癌で余命僅かな卑弥呼のために
昔卑弥呼が捨てた娘沙織(柴咲コウ)に
「メゾン・ド・ヒミコ」でのアルバイトを持ちかける。

自分と母親を捨てた父を憎み、ゲイを激しく嫌悪して
いた沙織が、いろんなゲイたちと関わるうちに
次第に心を開いていく。そんな物語だが、老ゲイたちの
言動はとてもコミカルで、じめじめしたところがない。

自分たちが、世間的には認められない存在だと
分かっているけど、卑屈さはない。自分が望んだ
生き方を貫いて老いたことへの後悔もない。
その人間としての矜持を、存在自体で表現したのが
田中泯さん。田中泯がゲイの役をやるって、なんか
すごいことだなと思ったんだけど。もう二度とない
かもしれない。

沙織は、ゲイたちに抱いていた偏見を捨て、人として
彼らに愛情を感じることができるようにはなったけど
最後まで父親を許すことはできなかった。
この、無駄にお涙頂戴にならない展開が素敵。
そして、柴咲コウはまさに適役という感じだった。

もう一人、卑弥呼の恋人春彦を演じたオダギリジョー。
最近は個性の強い役が多い感じだが、この時は
卑弥呼に対する想い、沙織に魅かれる心の揺らぎ
といった、すごく秘めやかでデリケートな感情を
とても静かに演じ切っていて、彼の映画の中では
マイベストかも。

ともあれ、素材のユニークさと、俳優さんたちの
まさに適材適所という好演で、地味ながらも
かなりポイントの高い映画ではありました。
こういう、オリジナルの脚本で、少ない登場人物で
じっくり人間ドラマを見せてくれる。洋画にせよ
邦画にせよ、それもまた映画の捨てがたい魅力
だと思うのですが、そういう映画が少なくなった上に
地方では上映してくれる映画館がないという、とても
悲しい時代になってきてる気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア