ツイン・ピークス 再び

「25年後に会いましょう」
「ツイン・ピークス」の最終話で、ローラはクーパーにささやいた。

まさか律儀に25年たって続編が作られるとは思わなかった。
6月の後半、PCを開くたびに、これでもかと出てくる
WOWOWの「ツイン・ピークスThe Return」の広告。
「負けないぞぉ~」と思ったが、結局負けてWOWOWに加入。
取りあえず先行放送で第4話まで観た。

そもそも「ツイン・ピークス」の第1話が放送された時に
性格が素直な人は、このドラマはミステリーだと思ったに
違いない。それが2話、3話と話が進んでいくうちに、
次第に雲行きが怪しくなってくる。

私は、映画の「ブルー・ベルベット」が大好きで、そこから
「ツイン・ピークス」に行った派なので、出てくる人、出てくる人
みんなどこか変という「ツイン・ピークス」の異様な空気に
どっぷりハマった。

何とも言えず、嫌~な、気持ちの悪い、それでいて
妙におかしくもある「ツイン・ピークス」の世界は
やったことないけど、多分ドラッグみたいなもので癖になる。

新シリーズでも、その異様な世界観は健在だ。
ネタばれはしないが、25年前よりCGの技術が発達した分
SFっぽい演出が多くなったように思う。話の舞台も
ツイン・ピークスだけでなく、ニューヨークやラスベガス
など都市に広がった。その分さらに難解な、ほぼ理解不能な
話になっていきそうな不吉な予感もあるが。

私は、観た人が、どんな風にでも解釈できる
自由度の高い映画やドラマが好きなので
「ツイン・ピークス」に関しては
ドラマの全体像を理解しようと苦労するより
ジグゾーパズルのパーツを吟味するように
ひとつひとつのパーツを楽しみたいと思う。
ぴったりきれいにはまるかは保証できないけど。

ただ普段みているのが
分かりやすくてお花畑のような国産のドラマ
という人が、もし「ツイン・ピークス」を観たら
どんな感想を持たれるのか、ちょっと知りたい気がします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

私もご多分に漏れず90年代は「TP」にハマったクチだったので、今回の新シリーズはかなり期待して第一話を見たのですが、言い方ヘンですけど「よかった、なんにも変わってないわ」という妙な安心感を覚えてしまいました(ーー;)

wowow契約してないので二話以降は未視聴ですが、これは残りのエピも凄いことになりそうですよね。半年か1年遅れくらいでDlifeあたりがやってくれないかと、今はそんな他力本願な願望を抱き中です(リアルタイムでご覧になっている偲さんが羨ましいです)

リンチワールド全開で

しろくろ様 コメントありがとうございます!

ホントに「変わらんなぁ」という感じですね(笑)
ゴードン・コール役のリンチ監督がすごく楽しそうで
お元気なのでうれしくなりました。
今期は、まさにデヴィッド・リンチによるデヴィッド・リンチ
のためのツイン・ピークスになりそうですね。

どうも肌触りが「ブルー・ベルベット」あたりよりも
「イレーザー・ヘッド」なんかに近い気がして
最後までついていけるか、ちょっと不安です。
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
770位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
359位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア