読書で離婚を考えた。

SF作家の円城塔さんとホラー作家の田辺青蛙さん。
それぞれ違うジャンルで執筆されているご夫婦が
相手に読んでほしい本を勧めあい、その本のレビューを書く
という、ネットで連載されていた企画の書籍化。

円城さんは北海道出身で
大学で物理学を専攻された理系の人。
一方田辺さんは、文系一筋というよりも
産業翻訳などのお仕事と執筆業を両立されている
キャリアウーマン系行動派の大阪人(?)

自分で本を選ぶと、自分の好みのジャンルのものばかり
選んでしまうので「何か面白い本ないかなあ」
というのもあって、この本を読んでみた。

さすがに、お二人ともかなりの読書家なので
結構マニアックな選択ではあるが
相手の苦手分野の本を選んでいるという自覚からか
マニアック過ぎるということはなかった。

幸田文とか又吉栄喜とか、池波正太郎とか
吉屋信子など「へぇ~」というのも混じっていた。
それでも私が読んだことがあるのは
「バトル・ロアイアル」だけだったけど。

この企画にはもう一つの目的があって
読書を通じて、夫婦の相互理解を進めようというもの。
相方が、本当はどんな人間なのか、何を考えているのか
分かっているようで、ほとんど分からないというのは
世の多くの夫婦も似たようなものなのではないか。

で、この試みをやったことで
円城さんご夫婦の相互理解が画期的に進んだかというと
結果は、本のタイトルが示す通り(笑)
お互いに、相手がますます分からなくなったというか
分かるような分からないような、というのは
この本を読んだ私の感想でもあります。

けれど、お互いに本を勧めあうことができる
その本について、まともな感想が返ってくる
このことだけ見ても、
大枠で言えば、世の大多数の夫婦よりは
ずっと近い距離にいて、実は読者は
ご夫婦のおのろけにつきあわされた感がないでもありません。

そして、紹介された40冊あまりの本の中で
これ読んでみたいと思ったのは「20世紀の幽霊たち」
なんと、作者のジョー・ヒルは
あのスティーブン・キングの息子さんらしい。
結局、自分の読書の幅を広げるという結果には
ならなかった気がします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア