FC2ブログ

凶悪

2013年の日本アカデミー大賞にノミネートされたけど
確か最優秀賞は取れなくて
「まあ、それはそうだろうな」と思ったのを覚えている。

誰が観ても、楽しいとか、感動したと感じるのとは
対極にある映画。観る人を選ぶなんて言われる系かな。

「凶悪」(2013)
    監督 白石和彌 
    出演 山田孝之 リリー・フランキー ピエール瀧

ちょうど「そして父になる」も封切られていた時期で
「凶悪」を先に観ると、リリー・フランキーさんが、絶対いい人
に見えなくなるから「そして父になる」を先に観たほうがいい
というアドバイスを見かけて、それに従ったのは正解(笑)

原作は「凶悪 ある死刑囚の告発」というドキュメンタリー。
雑誌記者藤井(山田孝之)のもとに、死刑囚須藤(ピエール瀧)
から手紙が届く。彼は、自分にはまだ余罪があること、そして
そのいくつかの殺人の黒幕が、「先生」と呼ばれている、
不動産ブローカー木村(リリー・フランキー)だと告白する。
須藤の話を聞いて、藤井は事件の取材を始めるのだが

須藤は、暴力団の組長だから、人を殺すこと、人の命を何とも
思っていない。一方非力な木村が、須藤を支配できるのは
一にも二にも金の力。木村は、金のためなら、どんな残虐な
ことでもできる人間だ。けれど、奇妙なことに、彼ら、特に木村
には驚くほど罪悪感がない。まるで、レジャーのように、嬉々と
して、人を殺したり、ばらばらにしたりする。

それでいながら、木村には家庭があり、娘もいて、須藤も
犯罪を重ねる一方で、思わぬ人間性を見せたりもする。
彼らは、果たして生来の犯罪者であり異常者なのか。

それとも、と思わせるのが、電機屋の老人を殺すエピソード。
牛場電機の一家は、お金に困っている。木村は、酒好きの
父親に掛けられている保険金に目をつけ、老人をだまして
大量の強い酒を飲ませて殺すのだが老人の、妻も、息子夫婦も
この計画を知っていて黙認している。果たして、凶悪なのは
直接に手を下す人間だけなのか、これが人間の本性なのか。

そして記者の藤井もまた、家庭では、認知症の母親や、その介護に
疲れ果てた妻との軋轢を抱えながら、仕事を口実に、現実から
目をそらし、ただ沈黙しているのだ。

この映画は、善人の視点から、凶悪な人間を描いたものではない。
だから「こんな悪いことしたらいけませんよ」みたいな空気や
なぜ、彼らはそうなのかみたいな分析的な視点もない。
それでも、映画に漂う底なしの陰惨さは、悪は、ある意味
人間に普遍的なものという暗示が込められているからで
それが、救いようのない、嫌な後味にもつながっていると思う。

「凶悪」は、同じく実話ベースの「冷たい熱帯魚」と比較されることが
ありますが、「冷たい~」は中盤までは緊張感がありますが、終盤に
かけて、どんどんユルい感じになっていくので、最後の最後まで
ほとんどウェットな展開にならなかった「凶悪」のほうが好きです。

余談ですが、最近映画版「64」前編、後編を観て、やっぱり映画は
終わらせ方が一番難しい。近年の邦画は、最後がグダグダで
「何じゃ、こりゃ」な感じになるのが増えた気がします。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア