FC2ブログ

赤い羊は肉を喰う

著者の五條瑛さんは、防衛庁で情報・調査関連の仕事を
されていたという異色の経歴の作家さん。

東京の、下町の空気と人情が残る八丁堀。
内田偲は、社長の内田(同姓だが他人)を入れて
わずか3人という小さなリサーチ会社の計数屋。

偲は、ひったくりにあった老人を助けた笙という浪人生と
笙の幼なじみの理香子と知り合うが、理香子が、何者かに
殺されてしまう。

過激なプロモーションを展開する「kohaku!!」というアパレルの
ブランドと、それを率いる渡辺エスターという男。

渡辺は、かつてナチズムにも通ずる、大衆心理の操作という
テーマを追求したワタナベ・グループなる天才集団の一人。
彼は、人間の悪意を操作することで、大衆を煽動できる
ことを実証しようとし、その計画に気づいた偲たちは
それを阻止しようとする。

ささやかな日常を大切にし、隣人たちと助け合い、真っ当に
生きようとする人たち、偲や笙や、桐細工の店の女将や
若旦那などのキャラクターがすごく丁寧に描かれている。
彼らが、大衆をコントロールしようとする渡辺たちと対峙する
ことで、その危うさや異常さがより際立ってくる。

結果的に偲たちは、渡辺の企みを阻止することはできなかった。
日比谷バベルという大型ショッピングセンターのオープニング・
セレモニーで起きた、些細なアクシデントをきっかけに
詰めかけた聴衆が店に乱入して、商品を略奪し始め
飾られていたガラス器やスツールが倒壊して
降り注ぐガラスの雨が、人々の血で染まる。
水晶の夜の再現ともいえるこの光景は、凄惨だが美しい。

この小説は、殺人事件の犯人云々が主眼ではなく
とても丁寧に張り巡らされた伏線と
天才集団VS無名の市井の人々という魅力的なキャラクターたちが
混然一体となって、ドラマチックなラストを迎えるという
ミステリーとしては異色だが面白い話だった。

実は、高村薫さんも、五條瑛さんも、ある意味BLちゃあBLで
その方面の熱烈なファンの方もいます。私は、特にBL要素に
注目して読んでるわけではないのですが、高村さんにしろ、
五條さんにしろ、ものすごく壮大な仕掛けで、そういう人間模様
を描くことができるのが、何気にすごいなと思います。

この本は、私のお気に入りの一冊なので、HNはここから
お借りしました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア