FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッション

少し前に録画したのだけど
「ジャズ」の映画というのが何か敷居が高くて
保留していたのを、涼しくなってきたので観た。
で、出てきたスキンヘッドのおじさんに見覚えがあると思ったら
いつも観ている「クローザー」のポープ本部長!

「セッション」(2014)

監督 デイミアン・チャゼル
出演 マイルズ・テラー J・Kシモンズ

ニーマン(マイルズ・テラー)は、一流のジャズドラマーを夢見て
名門のシェイファー音楽院に通っていた。ある時、フレッチャー
(J・Kシモンズ)というカリスマ教授の目に止まり、彼のバンドに
スカウトされたが…

フレッチャー教授の指導のもと、ニーマンたちが練習しているのは
ビッグバンドと言われる、楽団で演奏するスタイル。フレッチャーは
テンポやスピードに異常なほどこだわり、メンバーは楽譜を完璧に
暗譜し、音程もテンポもわずかな狂いも許されない。

なんだか、ジャズの話というより、漫画の「のだめカンタービレ」の
変なマエストロが出てくるクラシックの世界に似ている。
下品な差別用語の嵐や体罰、暴言、とても教育者と言えないような
ほぼ性格破綻者で偏執狂のフレッチャーだが、ニーマンは
どれだけ虐められても、フレッチャーに食らいついていく。

けれど意外に、この二人似た者同志なのかと感じたのは
ニーマンが、自分から好きだと告白した女性に「ドラムを
叩く時間がなくなるから」と、これまた一方的に別れを切り出した時。
屈折した劣等感の反動としての、異常なくらいの上昇志向や
相手の気持ちを全然考えない自己中心的な言動が
微妙にフレッチャー教授とかぶるのだ。

しかしニーマンは、所詮怪物フレッチャーの敵ではない。
彼の夢は叩き潰され、とうとうニーマンはドラムを諦める。
ところがフレッチャーは、そんなニーマンにさらに追い打ちをかける。
なにしろ、過去の生徒の中には、うつ病で自殺した人がいるほど
フレッチャーの攻撃は、徹底的に陰湿で容赦がない。

そんな二人の関係性が、画期的に変化する最後の演奏シーン。
ニーマンは、フレッチャーの指示を完全に無視して
自分で選んだ曲を、自分の思い通りに演奏する。
これは「和解」でも「勝利」でもなく「訣別」なのだと思う。

長い間、フレッチャーという存在に、良くも悪くも支配されてきた
ニーマンが、その呪縛から自分を解放し
自分のドラム、自分の音楽をつかみ取った瞬間でもあった。

何が正解なのかは分からない。指導者に従順に従うことが、上達し
一流になるための道なのかもしれない。指導する側は、それが
正しいと確信しているのかもしれない。
教師と生徒、指導者と弟子、あるいは、夫と妻や親と子などで
フレッチャーとニーマンのような関係は、あんがいありそうだ。

そこから自由になるためには、もの凄いエネルギーが必要で
ニーマンみたいに満身創痍になるかもしれないが、それでも不可能
ではないと感じられたことで、私には「ああ、いい映画だなぁ」
と思えた一本でした。
でもシンプルな映画なのに、切り口が多いので
感想を書くのは、すごく難しかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
509位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。