ファンタジア

ファンタジア(1940) ディズニー製作のアニメーション映画

日本で初めて公開されたのは1955年だが、私が映画館
で観たのは、小学校の3,4年生くらいだった。

オーケストラによる、8曲のクラッシック音楽のイメージに
合わせて作られたアニメーションで、セリフはほとんどない。

調べてみたら、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」や
ベートーヴェンの「田園交響曲」やら、それこそクラシック
の超名曲が使われていたようなのだが、私の記憶に
鮮烈に残ったのは「禿山の一夜」(ムソログスキー)
しかも動画サイトで検索していたらありました(嬉)

山の頂から現れる巨大なサタン、コウモリ、悪魔
幽霊、妖怪、骸骨、妖精?とにかくありとあらゆる
邪悪なものが、音楽に合わせて踊る、踊る。
闇の世界の住人総出演という感じで
今見ても萌えますwww

もともと家でクラシックを聴くような環境で育った
わけでもないので、最初のうちはそんなに面白い
と思って観てなかったような気がするが
「禿山の一夜」でくぎづけに。長く記憶にとどまる映画に
なった。次点はミッキーマウスが出てくる「魔法使いの
弟子」
でも実はサタンだと思っていたのは、ロシアの民話に
出てくるチェルノボクという地霊なのだそうだ。

そして、半年ほど前に読んだ高村薫さんの「冷血」の
中に、この「ファンタジア」に言及した記述があって
ちょっとびっくりした。

「水桶を持った箒があとからあとから階段を降りて
いって止まらない話。ガキのころ、マジで怖かった」
一家四人を殺した殺人犯、井上克美の述懐。
「魔法使いの弟子」のワンシーンだ。
比べるのも畏れ多いが、高村さんは私よりも少し年長。
「魔法使いの弟子」の三角の屋根の家や、水桶を運ぶ
箒の群れを怖いと感じたのは、高村さんご自身の幼時の
体験だったのだろうか。

2570円
powered by yasuikamo


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
502位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア