FC2ブログ

淵に立つ

これも多分「観る人を選ぶ」なんて言われそうな
映画になるのかもしれませんが。

「淵に立つ」(2016)

監督 深田晃司
出演 古館寛治 筒井真理子 浅野忠信

鈴岡利雄(古館寛治)は小さな金属の加工工場を
営んでいる。家族は妻の章江(筒井真理子)と娘の蛍。
ある日、利雄の古い友人で、殺人で服役し出所してきた
八坂(浅野忠信)が利雄の工場を訪れ、住み込みで
働くことになる。

いやあ、こんなに肝心のところを何も説明してない映画も
珍しい。だから観る側の受け取り方で、かなり解釈が
違ってくるんじゃないかと思う。

利雄の家庭に八坂が入り込んだことで、一見平穏に
暮らしていた家族、特に妻の章江の気持ちが激変し
それが、大きな悲劇を生む要因にもなった。

八坂は、この映画の中では、表の顔と裏の顔を使い分ける
わりと分かりやすい悪のように描かれているが
実際には、娘の蛍の怪我が、八坂のせいだったのか
というところも明らかにされてはいない。

だから視点を変えてみると
過去に八坂の犯罪に関わっていながら
そのことをまったく章江に話しておらず
八坂を雇い入れることについても
一言も説明しない利雄はどうなのか。
信仰を持っているはずなのに、なし崩しに
八坂に、女として魅かれてしまった章江はどうなのか。
この映画の中で、誰が一番悪いと思うかと聞かれたら
正直答えに詰まってしまう。

冒頭の三人の食事シーンで
利雄は、妻と娘の会話にも行動にも関心がなく
妻と娘は、二人の世界で会話しているのだけど
こういう家族は普通にありそう。
家庭という入れ物はあっても、お互いに共感はなく
ひとりひとりは、孤独で不安定。
だから八坂という異物が入ってきたことで崩壊した。

娘の蛍が重い障害を負ったことで
利雄と章江は、夫婦の形を取り戻し
献身的に蛍の世話をする父と母になるのだが
家族の前に、八坂の息子と名乗る青年が現れたことで
悲劇は再び繰り返される。

もしも、八坂と利雄の過去が全て明らかにされていたら
八坂が蛍に直接危害を加えたという設定だったら
この映画は、かなり違う展開になっただろう。
そもそも、人間って、そんなに単純な感情で動くもの
なのだろうか。実は、一つ屋根の下で暮らしていても
分からない、もしかしたら、自分自身でも理解不能な
様々な感情に揺さぶられながら、日々を生きているん
じゃないのか。

ただ私が最後まで、その気持ちが理解できなかったのが
章江が見る、八坂の幻影の意味。
あれは恐怖なのか、それとも…。
こんな具合で、全部観る側に丸投げされているのに
しっかりと芯が通っている感じが心地よかったです。
改めて「ああ、これは理解できる」と思える映画と
誰が観ても「分かりやすい」映画というのは
明らかに別物なんだなぁと思いました。

偉そうなこと言ってますが、現在「ツインピークスThe return」に
大苦戦中。わ、わからん(泣)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア