FC2ブログ

新リア王

選挙が始まって、選挙カーが走り回るようになると
読み返したくなるのが、高村薫さんの「新リア王」
青森県選出の衆院議員福澤榮と、その一族の
四十年余にわたる三部作の第二部の物語。

国会を脱走して、故郷の青森に戻った榮は、晴子
という女性との間に生まれた庶子、彰之が暮らす
雪深い草庵を訪れる。

「新リア王」には、1980年代当時、国家の中枢にいた
政治家たちが、数多く実名で登場する。55年体制が
崩壊し、自民党が主流、反主流に分裂するなかでの
解散総選挙。その最中に、大平総理が急逝した。

四十年近く昔の話とはいえ、候補者やその家族
スタッフや支援者の行動や心理には、そう大きな
違いはない。描写は緻密でリアルで、政治家というもの
選挙というものは、おそらくこんなものなんだろうなと思う。

民主主義が、政治が、そして選挙が、イデオロギーの対立
ではなくなって長い時間が流れ、政治は、無数の利権の
やり取りを争う場になった。それでも、候補者たちは、変革
のイメージを喚起する言葉を重ね、有権者の前に、なんとか
バラ色の未来の設計図を描いてみせようとする。

平成の初めまでは70%前後だった投票率が、近年では
5割近くまで下落して、政治家たちの言葉が、もう私達には
届かなくなっていると思えるのは、私が悲観主義者だから?

世襲制の必然を信じて、息子の優を政界に送り出した榮は
青森県知事選挙で、無謀な選挙を戦ったあげく、その息子に
惨敗する。

本来なら、生臭くギラギラする政治の世界を、彰之が語る仏道の
言葉と対比させて、是もなく非もなく語り上げた、この壮大な物語
の帰結は諸行無常か。その美しさが病みつきになる。

高村薫さんの小説は、1回読んだだけでは、頭に入りません。
「新リア王」も、7、8回は読み返しています。読むこと自体が
忍耐を伴う修行みたいなものですが、最後のページにたどり
つくと、言うに言えない快感みたいなものがあります。単に
私が、読書に関しては、どMというだけなのかもしれませんが。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア