FC2ブログ

アイデンティティー

wowowの番組表の「驚愕の展開どんでん返し映画」という
うたい文句につられた。美容とか、ファッションとか
健康関係の宣伝にひっかかることは、まずないが
映画とかドラマとか本だと、見事にひっかかる。

「アイデンティティー」(2003)
 監督 ジェームズ・マンゴールド
 出演 ジョン・キューザック レイ・エリオッタ

豪雨のせいで、さびれたモーテルに泊まることを、余儀なく
された10人の男女。交通事故で重傷を負った女性と、その
夫と息子。事故を起こした車に乗っていた女優と、もと刑事の
運転手(ジョン・キューザック)結婚したばかりのカップルと
娼婦。そして凶悪犯と、彼を護送している刑事(レイ・エリオッタ)
しかし女優が残虐に殺されたのを手始めに、正体の分からない
殺人鬼によって、ひとり、また一人と殺されていく。

私は単細胞だから「な~んだ。定番のパニックホラーじゃん。
これなら楽勝」と思った。しかも、人がザクザク殺されていく。
あっという間に半分くらいになって、死体を冷凍庫に隠してた
なんていう、いかにも怪しいモーテルの管理人なんかもいて
「この中で、一番怪しくなさそうな人が犯人だな」と考えたのだが。
モーテルの管理人が犯人だと「サイコ」のパクリみたいだから
それはないだろうなどという、極めて安易な消去法。

しかし、この映画、実は寄って立つ世界そのものが異質だった。
こういう、現実を錯覚させるようなストーリーは、確かに映像の
ほうが向いている。この結末は、好き嫌いが分かれそうだけど
私は「やられたっ」って感じで、気持ちよくだまされたので
思いもよらない掘り出し物だった。

小説でも時々、まったく想定外の結末を描いたものに出会うこと
があるけれど、言葉を重ねて、こういうタイプのどんでんを
仕掛けようとすると、すごく複雑な伏線を張らなければいけなか
ったり、結末ありきでストーリーが不自然になったりするので
やっぱり映像のほうが向いているように思える。

この数年、海外のドラマを観ることが増えて、映画を観ていても
「この人どっかでみたことある」というのが多くなりました。
「アイデンティティー」では、連続殺人犯を演じたプルイット・
テイラー・ヴィンス。「メンタリスト」のラローシュ捜査官でした。
最近では、糖尿病が心配な体型になっちゃってますが
かなり俳優歴が長い、個性的な俳優さんです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア