FC2ブログ

検察側の罪人

映画化されるというニュースを見て、読んでみた。

「検察側の罪人」 雫井脩介

雫井さんの小説は、これまでにも「犯人に告ぐ」
「火の粉」「虚貌」など、ほとんどハズレがないので
相性がいい作家さんなんだと思う。

大田区で、都筑という老夫婦が殺されるという事件が
起きた。本部係検事の最上は、若手検事の沖野に
その事件を担当させる。被害者の都筑は競馬好きで
競馬仲間に、資金を用立ててやったりしていた。その
中の一人松倉は、17年前の女子中学生殺害事件の
容疑者だったが否認を通し、事件は時効になった。

どんな手段を使っても、松倉に罪を償わせようとする
最上と、あくまで法律にのっとって裁かれるべきと
考える沖野。かつては、最上を尊敬し、その期待に
答えたいと思っていた沖田だが、最後は告発者となる。

本を読み終えても、誰が一番悪かったのか、簡単に
答えを出せる話ではない。極端な言い方をすれば
松倉のような正真正銘のクズのせいで、最上や
沖野が、自分たちの人生を壊してしまうことの
不合理。けれど、そういう手段に訴えるしか
罪を償わせる手段がないという理不尽。更に
そうした全ての苦悩と葛藤が報われない結末。

殺人の時効は撤廃されたが、何の罪もない人間の命
が奪われて、犯人はその罪に見合うだけの罰を
受けていないと感じるような事件が増えている。
作者は、ミステリー性云々よりも、その理不尽さに
対する激しい憤りという自らの情念を描きたかった
のではないかと思う。

映画化にあたって、一番難しいと思われるのは
検事から殺人者へという、およそ常識とはかけ離れた
気持ちの変化を遂げる最上という検事の造形だと思う。
どこまで、観る人を共感させることができるだろうか。

雫井さんの小説は、基本的にハッピーエンドには
なりません。でもハッピーエンド嫌いの私には
このモヤモヤ感がいいんだと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
500位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア