FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロウ/飛翔伝説

生きている間に、この映画をもう一度
しかも4Kリマスター版で観れるとは思わなかった。
ケーブルで放送があったのは、ピエロつながりで
「IT」との連動企画とか、まさかね。

クロウ/飛翔伝説(1994)

監督 アレックス・プロヤス
出演 ブランドン・リー アーニー・ハドソン

最初に観た時に「あっ、これは好きな映画」と思った。
監督がどうとか、ストーリーがどうとかいう以前に
映画の漂わせている雰囲気全部が好き、そういうタイプの映画。
原作のこととか何も知らずに
初めて「ブレードランナー」を観た時の印象に近い。

舞台は、荒廃したデトロイト・シティ
悪魔の夜と呼ばれる、ハロウィン前夜。
結婚式を翌日に控えた、エリックとシェリーは
部屋に乱入してきた四人のならず者たちに惨殺された。
一年後、カラスの魔力によって、エリックは墓場から蘇る。

アメコミ原作なので、ストーリーはわりとチープな感じ。
復活したエリックが、白塗りにピエロのメイクで
自分たちを殺した人間たちに復讐する。
エリックは、不死身ではあるが、決して
スーパーヒーローではなく、超人的な能力とかは
ないので、格闘シーンなんかはかなりヨロヨロ。
カラスが加勢してくれて、何とかなっている感じ。
にもかかわらず、この映画が私にとって、なぜそれほど
魅力的なのか。

一言でいえば、とにかく暗い。
デトロイトの、ディストピアぽい雰囲気に加え
ほとんどが夜のシーンか、雨のシーン。
音楽は、全編ハードロック。
ゴシックホラーというと、ドラキュラみたいな
時代がかったイメージが強いのだけど
この「クロウ/飛翔伝説」は、かなり斬新なゴシックホラー。
そして、この陰惨さがたまらない。くせになる。


エリックを演じた、ブルース・リーの息子
ブランドン・リーの存在感はハンパないが
この映画の撮影中に、不慮の事故で死亡という
あまり例のない、いわくつきの映画でもある。

リブート版製作の情報もあるけれど
私はなんだか「クロウ/飛翔伝説」は
ブランドン・リーの遺作だけを唯一無二のものとして
封印しておいたほうがいいような気がするのですが。
あっ、いや、決して、呪われるとか思ってるわけではないですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
476位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。