FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊星からの物体X

タイトルだけはかなり前から知っていた。
昔はそれほどSFに興味がなかったので
一度も観ないままだったけど、古典SFの名作として
たびたび名前が出てくるので、これは観ておかねばと。

「遊星からの物体X」(1982)
 監督 ジョン・カーペンター
 出演 カート・ラッセル A・ウィルフォード・ブリムリー

10万年前の宇宙からやってきた、どんな生命体にも
同化し、擬態化することのできる謎の生物。
冬の南極で、ノルウエーの観測隊は、その生物のために
絶滅し、それは犬の姿になって、アメリカの観測隊基地に
侵入した。ひとり、またひとりと、それに浸食されていく隊員
たち。彼らに生き残る術はあるのか。

観終わって、この寄生生物のビジュアルは、漫画「寄生獣」
の元ネタなんじゃないかと思ったが、あながち的はずれでも
ないようだ。これほどグロテスクなビジュアルを、CGじゃなく
SFX、特撮で作り上げたのが、すごく好評価なのもわかる。

焼死体になっても、たとえ血液一滴からでも浸食が可能
という、まさに無敵で、人間にはなす術のない怪物。
でも一番怖いのは、その怪物が誰に擬態しているのか
分からないことだろう。もしも文明社会に紛れ込んだら
遠くない将来に人類は絶滅。謎の生物に乗っ取られてしまう。

どうも「未知との遭遇」がつまらなかったのがトラウマになって
長年この映画を敬遠していたのは大失敗だった。ホラーとして
なら「エイリアン」よりも面白いかもしれない。
それでも取りあえず、生きているうちに観れたのでよしと
しよう。

若い頃はパワーがあったから、ちょっとでもアンテナにひっか
かる映画は迷わず観ていたのが、最近は、人生の残り時間
を考えたら、つまらない映画で2時間使うんじゃなく、なるべく
ハズれない映画を観ようと、安定志向に走ってる気がします。
そうすると、また実は面白い映画を見逃してしまう危険が
あるので、チャレンジ精神を忘れないようにせねば。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

物体X観ましたかぁ。
この作品、私はリアルタイムで観に行って色んな意味で感動し、今もSFホラー部門での上位作品です。
2011年に、これの「ノルウェイ基地」での前日譚を描いた「遊星からの物体Xファーストコンタクト」って作品もありますよ。全体的にB級ですが繋げ方だけは上手くて感心しました。

特撮の良さを再認識しました

軍曹亭!さま コメントありがとうございます!

ホントに今さらなんですが、予想外に面白かったので
今まで観なかったことをちょっと後悔しています。

CGはどんな映像でもできますが
特撮のほうがリアリティを感じるのは
やっぱり私が古い人間だからでしょうか(笑)

他にも見逃している面白い映画がありそうなので
気をつけていようと思っています。
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
509位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。