エクソシスト

ホラー映画の金字塔的作品「エクソシスト」
(1973)日本公開は1974年
監督は、ウイリアム・フリードキン
主演  リンダ・ブレア

「死ぬほど怖い」みたいな触れ込みで
当時予告も、前評判も凄かった気がする。
私は働き始めていたが、安月給なので
料金の安いオールナイトで観に行った。
今はレイトショーで、それほど遅くまでは
上映しないが、昔は深夜でもやっていた。

女優のクリスは、一人娘のリーガンと
ワシントンに滞在していたが
リーガンの様子に異変が起こる。
少女とは思えない邪悪な声でしゃべり
次第に容貌も奇怪なものに変わっていく。
娘が悪霊に取りつかれたと知ったクリスは
神父に悪魔祓いを依頼するのだが。

結末はかなり意外性がある。
当時は「結末をしゃべらないでください」
と注意書きがあったり
映画のラスト何分は会場への出入りが
できなくなるなどという映画もあった。

リーガンの体が空中に浮かぶ
首が180度回転する
緑色の粘液を吐き散らすといった
斬新かつショッキングな映像満載で
評判通りではあった。

ただ「悪魔=怖いもの」という感覚が
日本人は欧米の人より薄いせいか
「死ぬほど怖い」というところまでは
いかなかったようだ。
そして「エクソシスト」の悪魔は
実はキリスト教の悪魔とは
ちょっと違う。

どうやら中東あたりの土俗の悪霊
「バズズ」というらしいのだ。
そのバズズに、結果的には
キリスト教の神父が負けたかも
という終わり方で
映画の中の表現やこの結末は
キリスト教を冒涜するとして
アメリカでは厳しい批判があったようだが
私の好みでは、勧善懲悪でめでたしめでたし
というのよりは、こちらのほうが好きだ。

ちなみに「エクソシスト」を観に行った夜は
台風か何かで、家まで帰り着くのに
ものすごく大変な目にあった。
その状況のほうが
よっぽどホラーだった覚えがある。
エレン・バースティン
1409円
powered by yasuikamo
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
706位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア