ブレードランナー

1970年代は、私の大好きなホラー映画の
黄金期だった。

全部を「ホラー」というジャンルで
くくれるかどうかはともかく

時計じかけのオレンジ(1972)
エクソシスト(1974)
オーメン(1976)
キャリー(1977)
サスペリア(1977)
エイリアン(1979) と
その後続編が次々に作られたり
リメイクされることになる名作がずらり。

そして1982年に公開されたのが
「ブレード・ランナー」
監督 リドリー・スコット
主演 ハリソン・フォード

余談だが若い頃のハリソン・フォードが
「地獄の黙示録」に出演してたことを
つい先日知った(汗)
はい、とにかく映画じゃんじゃん観ただけで
細かい観察力とか皆無です。

そして私はマニアックな映画ファンでもないので
監督さんとかに特に思い入れがあるわけではない。

むしろこの「ブレード・ランナー」ではまったのは
レプリカントを演じたルトガー・ハウアー。
特にラスト。泣けます。もうツボ中のツボ。
でも「ブレード・ランナー」のルトガー・ハウアーが
好き過ぎるって人は、実はすごく多い…のか?

自分では、この映画をきっかけに
「シザー・ハンズ」のハサミ男だとか
最近では「プロメテウス」(おっと、これも
リドリー・スコット)のアンドロイド
デヴィッドとか大好きの「異種フェチ」になっていった
ような気がする。
人間同士の恋愛だと「ふ~ん」って感じなのに
異種×人間だとなぜかうるうる。

そして「ブレード・ランナー」を観てから
フィリップ・K・ディックの原作
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を読んだ。
原作と映画はずいぶん違う。
世界の設定の枠組みだけが共通で
映画は独自の美意識によって組み立てられている。

「ああ、映画ってこういうものなんだ」と感じた。
映画は決して原作のダイジェスト版ではない。
ダイジェスト版を作ろうとするから
2時間で収まらないで「前・後編」なんてことに
なるんじゃないのか。
しかも原作読んでそのダイジェスト版を観ると
どうしても「食い足りない」感があるし。

ずっと、SFとか科学系は敷居が高くて
敬遠しているようなところがあったが
「ブレードランナー」は、私をSF世界に
ちょっぴり近づけてくれた。

実は「未知との遭遇」も観にいったんだけど
宇宙人が登場する頃に不覚にも寝てしまった。
映画を観てて寝るなんてことはほとんどないので
それもあってSF系には自信をなくしていたのだ。
ちなみに「E・T」は未だに観ていない。
もしかしたら、死ぬまで観ないかも。

ハリソン・フォード
1200円
powered by yasuikamo
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

おじゃまいたします。

連休最終日の今日、たまたまこの映画のブルーレイを見返しておりました。もう何度も何度も見ているはずですが再生し出すと止められなくなって(ーー;)やっぱり良い映画は最後まで見てしまいましたね(私も70~80年代のSF/ホラーが大好きなので)

それから拙ブログをリンクしていただきましてありがとうございます<(_ _)> こちらでもリンク反映させていただきましたので今後とも宜しくお願いいたします。

ありがとうございます!

コメントありがとうございました!

「ブレードランナー」いいですねぇ~。私もラストは何回観ても泣けます。ただ、何しろ語彙が貧弱なもので、「面白い」とか「感動した」とか、小学生の作文みたいで恥ずかしいです(笑)

しろくろ様のブログは、ほんとに多彩で中身が濃くて、とても勉強になります。相互リンクをしていただけたということで、なんか畏れ多いですけど、ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
706位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア