死刑台のエレベーター

家にTVが来たことで、一番熱心に見たのは
やはり「日曜洋画劇場」だったかもしれない。

前に「サイコ」は書いたが、これもモノクロの映画。

「死刑台のエレベーター」(1958) フランス
  監督 ルイ・マル(これがデビュー作らしい)
  出演 ジャンヌ・モロー モーリス・ロネ

社長夫人のフロランス(ジャンヌ・モロー)は、
恋人のジュリアン(モーリス・ロネ)と共謀して
夫である社長を自殺に見せかけて殺すという
完全犯罪の計画を立てるが、社長を殺した
ジュリアンは、エレベーターに閉じ込められてしまう。

次々にアクシデントが起こる予想外の展開に
まだ中学生だった私は、まさに手に汗を握りながら
観ていたと思う。不倫という大人の事情が絡んだ
話だったけど、全然どろどろした印象がなくて、美
しい映画だと思えたのは、主演のジャンヌ・モロー
の理知的な意思の強そうな顔と、多分マイルス・
ディヴィスの音楽が作り出した洒落た雰囲気の
せいだったのだろう。

確かにジャンヌ・モローは、愛欲に狂ってダンナを
殺すような女性には見えない。けれど、約束の
時間に現れないジュリアンを探して、夜のパリを
さまようフロランスの表情には、恋人に会えない寂し
さや不安や、恋する女の顔がのぞく。いつも女性
らしい顔をしてる人にはない表情の変化だ。
とこれは、大人になって再見しての感想なのだが。
だからジャンヌ・モローだったのかなとも思う。

当時「サヨナラサヨナラ」とニギニギが人気だった
淀川長治さんが「ジャンヌ・モローが、警察から
釈放されて外に出た時に、車のボディーに自分の
顔を映す、あれ、悲しいですねぇ。切ないですねぇ」
みたいな話をしたのを、妙にはっきりと覚えている。

もう若くはない女性が、憔悴した自分の顔を気にする。
ほんの一瞬だが、女の性(さが)を象徴するシーン。
なるほど、映画にはそういう見方もあるのかということを
教えてもらった映画でもあったと思う。ストーリーだけを
追うのではなく、シーンを楽しむ。そのために、好きな
映画は、自然に何回も観るようになるものだ。

近年日本でもリメイク版が作られたが、これに限らず
リメイクとか、続編で、最初の鮮烈な印象を上書きできる
ような映画にはまだ出会ったことがないので、観ません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア