ブルー・ベルベット

1980年から90年代にかけて、デヴィッド・リンチ監督
の作品は結構たくさん観た。

最初に観たのは「エレファント・マン」(1980年)
モノクロで19世紀のロンドンが舞台で
レトロな空気感のある映画だった。
ただ宣伝されたような「感動できる」映画だったかというと
そこはちょっと違っていて、一人のとても醜悪な容貌の
男性を巡って、周囲の人間たちの俗悪さというか残酷さ
のようなものが、だまし絵のように透けて見えるという
何となく薄気味悪い映画だった。

その後ビデオで「イレーザー・ヘッド」を観たが
これは歯が立たなかった。私には、極度に抽象的なものを
理解できる高次元な感性はない。

そして「ブルー・ベルベット」(1986年)
「イレーザー・ヘッド」がお手上げだったので
ちょっと躊躇したけど、これは面白かった。
何より「イージー・ライダー」のデニス・ホッパーが出演
していたことが大きかった。
そのデニス・ホッパー、「地獄の黙示録」の時は
ドラッグの中毒でセリフが覚えられず
度々監督と衝突していたらしいが
この「ブルー・ベルベット」で復帰を果たしたと
ウィキの記事にあってびっくり。

それなのにこの映画でも、完全にイッちゃってる
キレキレのキャラで大暴れしているのは
そういう役がよっぽど性にあってるということなのか。

大学生のジェフリー(カイル・マクラクラン)は
ある日野原で、切断された人間の片耳を発見する。

「すわ殺人事件か」という導入部だが
この映画は犯人探しが主眼ではない。

この事件に興味を持ったジェフリーは、素人探偵よろしく
事件に何らかの関わりがあると思われるクラブ歌手の
ドロシーのアパートに忍び込んだ。そこでジェフリーが
見たものは…。

のどかで平凡で単調に見えたアメリカの片田舎の
ジェフリーがそれまで過ごしていた日常とは
正反対の、異常で倒錯的な世界が
実は平凡な日常と背中合わせに存在した。
それを知った時に、ジェフリーは
その禁断の空間へ足を踏み入れてしまう。

ドロシーに暴力をふるう性的サディストで
変態のおっさんがデニス・ホッパーです。

何が現実で、何が非現実なのか
結局よく分からないけど、映像も音楽も美しい。
現実の世界が実はこういうものなんだと感じてしまったら
自己とか実在などは簡単に揺らいでしまう。
生きてること自体、迷路の中を彷徨うようなものになる。
けれどそういう感覚に身を委ねるのは悪いことじゃない。

そういう訳で、20代の後半には
全然つじつまが合ってなかろうが、ぐだぐだだろうが
自分がそっちの世界にポンとワープできる映画だったら
とっても楽しく観れるようになったのは
多分デヴィッド・リンチ監督のおかげだと思います。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア