ツイン・ピークス

90年代は、仕事と子育てで忙しく
自分が観たい映画を観るどころではなかった。
当時まだレンタルビデオの時代で
子どもたちにせがまれて「ウルトラマン」シリーズや
ディズニー映画や「ドラえもん」なんかを
せっせと借りに行っていた。

ある時ビデオ屋さんに、特設のコーナーが
できていて、何気なく借りてきた「ツイン・ピークス」
1990年から91年にかけて放送されたドラマ。
製作総指揮はデヴィッド・リンチ&マーク・フロスト。

最初の話でどハマりして
来る日も来る日も、夜になると
あのオープニングが流れ
家族はさぞかしげんなりしたに違いない。

カナダの国境に近いツイン・ピークスという小さな町で
ローラ・パーマーという美しい女子高生が
ビニールに包まれた遺体で発見される。
これまた、すわ本格ミステリーかと思わせる導入部。
やってきたのは端正で、いかにも真面目そうな
FBIのクーパー捜査官(カイル・マクラクラン)

ところがこの捜査官、何かがおかしい。
ドーナツ好きは、まあいいとして
びんに石を投げて犯人を当てるとか
あり得ない言動が多い。
そのうち一見平和な田舎町に見えたこの町の
闇の部分、ドラッグとか売春とか
何やかやが明らかになっていき
いかにもそれがローラ殺しに結びつきそうに
見えて、実は…。

出てくる人、出てくる人、みんなどこか変と
いうあたりから、嫌な予感はしてたんだけど。
最後まで見れば、何か理にかなった答えが
出るはずと信じて最終回観た人は
テレビに向かってなんか投げつけたんじゃないかと
ちょっと心配になる終わり方ではあった。

アメリカのドラマとしては空前の大ブームが
起きて、大勢のフリークスを生んだのは、
見た人の感性次第でどんな見方でもできるという
その多面性によるものだろう。

この「ツイン・ピークス」
来年続編が作られるらしい。
いったんは降りると言っていた
デヴィッド・リンチの続投が決まるなど
相変わらずお騒がせではあるが
今度はどんな「変な」世界を見せてくれるのか
ものすごく楽しみでもあるのだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは私も大好きで見ておりました。いっときは家のカーテン全部赤に変えようかと戯けたことを考えるほど夢中になっていたのですが(^◇^;)最終回があまりにあんまりな終わり方だったので、あの続きを何とかしてほしいと切望していたものでした。

個人的には出ている女優さんの質が皆高くて、それを見るのも楽しみの一つだった記憶があります。とくに私のお気に入りはオードリーとノーマでしたね(^_^;)

続編大丈夫でしょうか

しろくろ様

コメントありがとうございます!

本当に、ちょっと古風で正統派の美少女ぞろいでしたね。
ヴィヴィアン・リーとか、あのあたりの系譜の。

ウインダム・アール編からは、怪しげな雰囲気が加速して
ついに崩壊(笑)でも、赤い部屋の三人とか、丸太おばさん
とか大好きでした。

あの終わり方から、続編をどう立ち上げるんでしょうね。
良くも悪くもドキドキします。

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
706位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア