理由

社会派推理の入門書的に、松本清張を
何冊か読んだ私が、次に「これだ!」と思ったのは
宮部みゆきの「火車」だった。

犯人捜しやトリックの解明に重点を置くのではなく
ある事件に関わった人間たちの内面を
掘り下げていくタイプの小説が、今でも好きだ。

だから初期の宮部さんの、そういう感じの小説は
結構読んだけど、その中でも一番好きなのが「理由」
さすが直木賞受賞作と、今でも読むたびに思う。

嵐の夜、東京の千住にある超高層の高級マンションで
一家四人が惨殺された…かと思いきや
死んだのは、その部屋を所有していた家族ではなく
さらに死んだ四人もまた家族ではない赤の他人。

「理由」は、その事件に関わりがあるたくさんの人たちへの
取材という、ドキュメンタリーのスタイルになっている。
「磁石が鉄を集めるように「事件」は多くの人を吸い寄せる」
とあるように、関わり方の程度は様々だけど
事件の関係者の誰かに、何らかの形で関わった人たちの
言葉が延々とつづられていく。

私が一番すごいと思ったのは、事件の核心にいた人間たち
のほとんどが死んでいるということだった。
だから加害者の言葉も、被害者たちの言葉も直接には
聞くことができない。実は読み手にとって、一番嫌な
タイプの小説なのではないかと思う。

読んだあとに、どうしようもないもどかしさが残る。
何しろ一番肝心な部分が謎なのだから。
イライラ、もやもや「もうどうしてくれる」という感じなのだ。

けれどちょっと冷静に考えてみたら、現実に日々起こる事件も
この小説と同じだ。
私たちは、報道される事実と、周辺の人たちの言葉で
自分の頭で事件を組み立てて、サイコパスとか変質者とか
適当にラベリングして、次の事件が起きれば忘れていく。
ほとんどの人が、真実はどうなのかを知らずに終わる。
真実と名づけられるものが、本当にあればの話だが。

登場人物の誰にも、それほど共感できない小説というのは
宮部さんの小説の中でも、わりと珍しいのではないかと思う。
けれど私は、あいまいなものはあいまいなまま
分からないものは分からないままで、無理にテーマ性を
持たせないほうが好きなひねくれ者なので、高く評価しました。

ちなみに、映画版はマンション管理人の岸辺一徳さんだけ
が記憶に残ってます。八代佑司役が加瀬亮さんだったとは(驚)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
224位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア