神の火

今公開されている、東野圭吾さんの「天空の蜂」
が1975年に書かれた小説であることに驚き
「福島の事故を予見している」的なコメントもあるが
高村薫さんの「神の火」が出版されたのは1972年。

高村さんや東野さんがこの時期原発を描くことに
取り組まれた最大の原因は1986年に起きた
ソ連のチェルノブイリの原子力発電所事故だったのだ
と思う。

母親の不貞が原因で、ロシア人を父に持ち、優秀な
原子力の科学者でありながら、ロシアのスパイとして
生きてきた島田。
幼くて親を失い、やくざと紙一重の、荒くれた世渡り
をしながらも、自力で生き抜いてきた日野。

日野の妻律子の兄柳瀬祐司もまた優れた原子力
科学者だったが、<北>に行って、原発に関する
資料を持ち帰ったことが原因で殺される。
そしてチェルノブイリで事故に合い、余命わずかな
良と名乗るロシア人の青年が現れて、島田と日野
は、ロシア、アメリカ、日本、北朝鮮が入り乱れて
の、原子力を巡る政治とエージェントたちの争いに
巻き込まれていくことになる。

日野は言う。
「あいつ(柳瀬)は、人を死なせたらあかんと思うから
《超安全》な原発を作らなあかんて言うとった男や。
俺が柳瀬に借りたんは、小さな希望一つや、人間
には理想というものがある。人間は、理想を持つ
ことの出来る動物や、という希望一つ……」

その日野と島田は、良の死を契機に、音海の原子力
発電所の襲撃へ疾走し始める。テロが可能な原発は
安全な原発ではないことを証明するために。

<安全>と言い続けた日本の原子力政策への
逆説的な警告とも受け取れるストーリーだけど
高村さんの初期の作品は、理屈抜きにとにかく
過激なので、批判的な人もいるだろうし
こういうのが嫌いな人にはドン引きされそう。

理想というのは、人間の理性によって考えうる最善を
指すのだという。それは案外、いかにももっともらしい
言葉とか、思想とか、行動の中にあるのではなく
その純粋さと揺るぎのなさのせいで
一見とても愚かに見える行為の中にあるのかもしれ
ないと、ちょっと思ったりする。

「神の火」は、私が読んだ高村薫さんの最初の本です。
それ以降「冷血」まで、ほぼ全ての高村作品を読みました。
「神の火」や「マークスの山」はハードカバーも文庫も。
「神の火」は、もしも読むなら文庫版がおすすめ。
でも映像化されたものは、映画もドラマもほぼ全滅でした。
どれもキャスティングが納得できない。
まあ「神の火」が映像化されることは絶対ないはずなので
そこは安心しています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
516位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア