悪の法則

半年くらい前に、レンタルで一回観た。
「これは面白い」と思って
昨日オンデマンドで二回目を観た。

悪の法則(2013)

監督 リドリー・スコット
出演 マイケル・ファスベンダー キャメロン・ディアス
    ブラッド・ピット

注意力や記憶力が貧困なので
最初に観た時はストーリーを追うのに必死で
細部を覚えていない。
この映画は、ものすごく不親切な作りなので
細部が分からないと、全体を組み立てることができない。

二回観て、六割がた流れはつかめたけれど
「めちゃくちゃやなぁ、これ」と思う。
「それはないやろう」という流れで
主人公や周辺の人物が、回避しようのない
絶望的な状況に追い込まれていく。
それなのに、なんで面白いかというと
その問答無用のイケイケ感がたまらない。

カウンセラーと呼ばれている弁護士(マイケル・
ファスベンダー)は、愛する女性と幸せに
暮すために、ドラッグの密売に一枚噛んで
仲介料を手に入れようとするが、ドラッグが
何者かによって、輸送中に奪われたことで
メキシコの闇の組織から命を狙われるはめに。

愛と金のために、踏み込んではいけない世界に
足を踏み入れてしまった男の悲劇?
どんな常識も理屈も通用しない、裏社会の
恐ろしさ?

もちろんそれもあるけど、それらを超えて
インパクトがあるのが、究極の肉食女子
マルキナ(キャメロン・ディアス)の存在感。
気の弱い男性が観たら、特にフェラーリと
ファックする展開なんかは、トラウマになって
下手をすると女性恐怖症になりそうだなと思う。

その話をしている時のライナー(ハビエル・
バルデム)の表情が、その衝撃の大きさ
を語っている。ほんとなら、そのものずばりの
究極のエロのはずなのに、ものすごく怖い
ものを見て魂を抜かれたみたいな感じなのだ。
多くの男性が、女性に抱いている甘やかな
幻想を粉々に打ち砕くだろうことは間違いない。

そもそもドラッグ強奪の黒幕は彼女であり
色と欲に絡め取られた男たちは、次々に破滅していく。
ゴア描写も結構あって、血も涙もない裏社会も
もちろん恐いけど、やはり何が恐いといって
だますほうも、だまされるほうも
そして色と欲に目がくらんだ主人公に
理解できるとも、さほど役に立つとも思えない
抽象的な警告や格言を発するだけで
成り行きを傍観している人たちも
すべてひっくるめて、人間というものの底の知れなさが恐い。
つまり<いい人>が一人も出てこないのがgood!

ぐだぐた余計な説明を山ほど盛り込んで
逆に何が何やらになっていく映画が多い中で
この説明不要で、論理性も整合性も
ほぼスルーして突っ走る、問答無用感にシビれました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1012位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
456位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア