もののけ姫

子育てをしていた頃、宮崎駿さんの映画は
「ナウシカ」から「千と千尋」までは
ほぼ欠かさずに観ていた。

個人的なキャラクター賞は「千と千尋」の
カオナシ。暗がりに、じと~っと佇んでいて
ぽっと顔を赤らめたりするのがかわいい~!
けれどEQ能力が低いので、彼の想いは
通じません。切ないです。暴れたくなる気持ち
分かります。


でも映画全体として観ると
一番好きなのは「もののけ姫」だった。
これは絶対に映画館で観たいと思った一本。

時は室町時代。北の王家の末裔アシタカは
タタリ神を殺したために、死の呪いを受ける。
その呪縛を解くためにアシタカは、シシ神の
棲む森をめざし、西に向かう。
大きなタタラ場を率いるエボシ御前は、民衆
の自由と暮らしを守るために、神々の領域
を犯すことも辞さない。一方、犬神のモロに
育てられた少女サン(もののけ姫)は、そんな
人間たちを激しく憎んでいる。

自然と人間とか、神々と人間、あるいは善とか
悪とかいった単純な対立や概念ではない。
それら全てをひっくるめて「人間とは一体何者
なのか」を問おうとしたのだと思う。
けれどその答えは映画の中にはない。
というか、無理にシンプルな答えを出さなくても
映画を観たひとりひとりが、何やかや
自由に考えればいいんじゃないか。
映画ってそういうものなんだろうと思う。

私は特定の宗教を信じたことはないけれど
人間の力を超える神的なものや、力の存在を
信じたり畏れたりする気持ちはあったほうがいいと
思っている。そしてそれは西洋やイスラムの神の
ようなひと形ではなく、自然とか、人間以外の生き物
であるほうが好きだ。(八百万の神様を信じる
日本人のDNAなんでしょうね)


だから、犬神や猪神、実体がよくわからないけど
シシ神やタタリ神にいたるまで「もののけ姫」に
登場する神様たちはすごく気に入った。

神様や仏様のいる、天国とか極楽ではなく
悪魔や閻魔さまのいる地獄でもなく
人間が生きるこの現実の世界の傍らに
不可侵の異界の存在と
決して超えてはいけない一線を信じること。
それは、法や教育が効力を失い
人間が必要以上に万能感を持ち
現実と非現実の境界が、日々あいまいになっている
今の社会の中で、もしかしたら
人間を人間たらしめる最後の手段なのではないかと
かなりうろ覚えな「もののけ姫」のシーンを
たぐりながら、考えてみたりしました。
ぶっちゃければ、幽霊も妖怪も、カミサマだって
あなたの隣にいるんだよ
だから悪いことしちゃダメよ
ってだけのことなんですけど。

でも、これって子どものためのアニメ映画じゃないよな
と感じて以来「アニメ=子どものもの」という
認識をかなぐり捨てて、アニメをじゃんじゃん観るように
なったという、おまけつきの映画でもあります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オリジナルの名作

こんにちは。
カリメン2号です。

自分も『もののけ姫』は、宮崎駿監督の名作だと思います。
この作品を劇場で観れたことは、自分にとっての行幸のように感じますね。
これはカリメン2号の勝手な感想なのですが、この作品以降と以前では、宮崎駿監督作品に明確な違いのようなものを感じます。
ストーリー性よりも、精神論的な作品が増えたような気がします。
自分としては、やはり楽しめる部分の多い、過去の作品が好きですかね。

お仲間がいてうれしいです!

カメリン2号さん、こちらにも
コメントありがとうございます!

私は映画に無理に教育にいいオチを
つけたり、ハッピーエンドっぽく終わらせるのが
大嫌いで(笑)

せっかく楽しく観てたのに
最後に雲行きが怪しくなって、やたら話が冗長になり
何やら不自然なオチがつくと
評価が一気に6割くらい下がります。

なので「もののけ姫」は、宮崎監督の作品の中では
一番よくできてるなあと思いました。
カメリン2号さんも高評価と知って
すごくうれしいです。賛同者が少ないもので(笑)

もっと評価されるべきでは…。

こんにちは。
カリメン2号です。

自分も、説教じみた映画は嫌いですね。
観ていても、心が萎えていきます。
新しいものが評価されやすいのは分かりますが、『もののけ姫』はもっと評価されるべき作品だと思います。

みんなが求めるもの

宮崎監督の作品のように
たくさんの人が観る映画は、どうしても
「分かりやすさ」が評価の基準に
なってしまうのでしょうね。

「何が言いたいのかわからない」=「ダメな映画」
にされてしまうのが寂しいですね。
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
224位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア