「ハーモニー」(映画) 

「ハーモニー」を観てきた。
映画の「屍者の帝国」では
原作の一部が改変されていたので
今回はどうなのかなと、正直ドキドキしていた。

が、今回の「ハーモニー」は
全てにおいて、ほぼ原作どおり。
原作では、過去のできごとも、現在起きている
事柄も、そのほとんどが
キャラクター同士の会話の中で語られる。
それを忠実に映像化しているので
原作の世界観を理解するのに必要な要素は
あらかた盛り込まれていた。
これにはちょっとびっくりした。

過激な事件の描写はほんの一部で
それ以外は本当に会話のみで進行していくので
全体としてはとても淡々としている。
映画版の「屍者の帝国」の
特に後半部分のような、SFっぽい
エンターテイメントな展開を期待した人は
ちょっとがっかりしたかもしれない。

映像は、「屍者の帝国」に比べたら
少々あっさりし過ぎだが、これは予算の問題
なんかもあるだろうから仕方ないのかな。
ただ、既出だけど、拡張現実(オーグ)での会議の
シーンは、素人が見てもチープな感じがして残念。

SF小説の世界というのは
伊藤計劃さんのように、マニアックな人は
めちゃくちゃマニアックなのだが
ど素人にとっては結構敷居が高い。

伊藤さんが何回も読んだとブログに書かれていた
「ニューロマンサー」を読んでみたが
もともと翻訳物が苦手な私はかなり苦戦した。
あれからしたら、伊藤さんの作品はそれほど難解ではない。

だから映画版の「ハーモニー」を観て
原作を読んでみたいと思った人は
きっと読了することができるような気がする。

小説も映画も、そこに何が描かれているかは
とても数行で要約できるようなものではなく
作品自体にも、ETMLという架空の
マークアップ言語を用いての
仕掛けがほどこされているなど
この作品の奥行きはとても深い。

できることなら、自分の眼で
そして自身の感性で伊藤計劃の世界に
触れてほしい、そういう意図を感じさせる映画だった。

そして私は、映画を観ていて
「これってもしかして」と思ったことがあるのだが
それについては小説の「ハーモニー」について書く時に
書こうかなと思っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

少し残念…。

こんにちは。
カリメン2号です。

伊藤計劃の『ハーモニー』を劇場で観て来ました。
確かにと思うところが多かったです。
自分のブログでも書かせていただいたのですが、やはり映画版だと淡白な印象が強いですね。
恐らくですが映画というメディアの脆弱性が、浮き彫りになったのではと思います。
これだと、先に映画化された『屍者の帝国』の方が、ストーリーやキャラクタ―、世界観の設定など、どれを取っても上だったように思います。(小説の方は、まだ読んでないので何とも言えないですが…。)
SF作品ではあるのですが、どちらかと言うと思想文学に近いようなので、映画化するのは難しかったのかもしれませんね。
それに伊藤計劃の作品は、ウィリアム・ギブスンの『ニューロマンサー』のような、雑多で荒廃した世界観とも違い、割と読みやすい近未来を舞台にしているように感じます。
自分も、是非とも小説版の方を強くお勧めいたしますね。

「伊藤計劃」でさえあれば

カメリン2号さん、いつもありがとうございます!

実写版の映画でもそうですが、映像化されても
原作のファンの方には、評判が悪いことが多いですね。
2時間という時間的な制約とか、予算的な問題とかで
ある程度は仕方がないのだろうと思います。

けれど映画の「ハーモニー」は、とにかく原作を忠実に
映像化しようという努力が感じられました。
「ハーモニー」の原作は、多くの人間が意識(感情)
を失ってしまった世界に残された、その意識の終わりに
立ち会った二人の女性の物語。
彼女たちの、折々の感情はETMLによって生起できる
ようにはしてあるが、読み手にそれが実感されること
はない(あのラストシーンですね)という重層的な世界観
なのだと思います。

世界中で一斉に自殺者が出るとか「一人一殺」とか
ミァハの壮絶な過去とかが特に強調されることはなくて
全体が静寂に包まれている雰囲気は
作り手の人たちが、原作の世界観を
何とか表現しようとされた結果なのかなと。
これまた、あばたもえくぼと言われたらそうなんですけど。

たまにヤフー映画のレビューで「世界が変わった」といった
高評価な感想を見かけるとうれしくなります。
もう、伊藤計劃という名前を知ってもらえる、小説読んだり
映画観たりしてもらえるだけでいい、というミーハーな
ファンです(笑)
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
502位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア