ファイト・クラブ

ファイト・クラブ(1999)

監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 エドワード・ノートン、ブラッド・ピット
    ヘレナ・ボナム=カーター

「ファイト・クラブ」は、伊藤計劃さんの「映画時評集」の中では
珍しく、トータルで高評価な作品の一つだ。
私はマッチョ系が苦手なので、予告編で格闘技の映画なのか
と敬遠していたが、「セブン」以降デヴィッド・フィンチャー監督
のファンになったこともあって、つい最近観た。

「僕」(エドワード・ノートン)は、高級なマンションで、選び抜いた
北欧家具に囲まれ、恵まれた生活をしているが、仕事は、車の
リコールの査定で出張ばかり。ひどい不眠症に悩まされている。

タイラー(ブラッド・ピット)は、恵まれた容姿と体型の持ち主で、
精力も絶倫。毎日1時間しか眠らず、仕事をかけ持ちして
自由奔放に生きる男。
二人は飛行機の中で、偶然隣り合わせたことがきっかけで
奇妙な共同生活を始める。

そこに、生きることに意味を見出すことができない女性
マーラ(ヘレナ・ボナム=カーター)が加わって、三人は
微妙な関係になっていく。

彼らが始めた、お互いを力いっぱい殴りあうという行為は、多くの
賛同者を得て「ファイト・クラブ」という共同体が結成される。
当初世の中の格差や不条理に対する怒りを、殴り合い
自分をとことん痛めつけることで解消していた彼らだが
やがてそれは社会を標的にした暴力へと変質していった。

次々に衝撃的な事件が起きるが、この映画は明るい。話の
テンポも速いし、コメディと言われるのもわかる。正義とか
愛とか、善とか、社会がでっちあげた、曖昧であまり実効性
のないプロパガンダに、次々におしっこをひっかけてまわる
みたいな、軽い毒のある笑いが満載なのだ。

それともう一つは、この映画は、生物としての人間の本質を
肯定的に描くというスタンスの映画なのだと感じた。
それは、無条件に暴力を容認することではなく、自分、あるいは
他者の傷の痛みや、流れる血の温かさを実感すること。
最近日本の映画や小説は、社会や家族の生んだ病理を
他人に対する攻撃性という形で描いているものが多い。
映画では「渇き。」とか、小説では「殺人鬼フジコの衝動」
なんかを観たり、読んだりしたけど
この「ファイト・クラブ」のような開放感には乏しい。
まるで「親に虐待されたら変質者や殺人鬼になるのが
お約束」みたいに、ベクトルが固定されてしまっている。
残虐な描写に、親子がどうだとか家族がどうだという
情念めいた話が絡むので、ひたすら陰惨で湿っぽい。

ほぼ同系統ながら「クリミナルマインド」あたりのほうが
まだ劇中の会話やナレーションに文学的な空気がある。

社会や人間をどういう角度から描くのか、そして映画にしろ
小説にしろ、作品がどういう方向を向いているかは
とても重要で、どうせならまだ観たことがないものが観たい。

そういう意味では「ファイト・クラブ」はかなりぶっとんでいた。
相当注意力のある、深読みができる人じゃないと、この
映画の結末を予測するのは難しい。ドンデンというのとも
ちょっと違う。原作が未見なので、比較することができないが
映画としても、とてもうまくできているのではないかと思う。

現実と非現実が複雑に交錯する
例えば伊坂幸太郎さんの小説とかを映画化しようとする
ような人たちは、ぜひ「ファイト・クラブ」なんかを
しっかり研究して、面白い映画ができるようにしてほしい。

そして実は私は「ハーモニー」という小説は
伊藤計劃流の「ファイト・クラブ」だったのではないかと
考えているのですが、それについてはまた後日。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア