羅生門(小説)

先日ウン十年ぶりに黒澤明監督の
「羅生門」を観て、本当は映画の「羅生門」
の感想を書くつもりだった。

しかし映画を観終わったあとで、無性に
芥川龍之介の「羅生門」が読みたくなった。
本は処分してしまったが、今は過去の名作は
たいていネットの青空文庫で読むことができる。

そしてこれもウン十年ぶりに「羅生門」を
読んで、改めて新鮮な衝撃を受けた。
何を今さらと笑われそうだが
「芥川さん、ナメてました。ごめんなさい!」
と、正座して謝りたい気分です。

雨に降りこめられた日暮れの羅生門の下で
一人の下人の男が雨宿りをしている。
度重なる天災で、京の都はさびれ果て
羅生門は、引き取り手のない死体の捨て場に
なるほどの廃墟と化していた。
この陰鬱な情景描写が上手い。上手過ぎる。

下人は数日前に失業した。あとは盗人に
なるしか生きる手段はないのだが
その勇気がない。せめて風雨をしのげる
場所で野宿をと、楼の上に上がった男は
そこで、打ち捨てられた死骸の髪の毛を
抜いている、痩せた猿のような老婆を
目撃する。

原稿用紙にして十枚にも満たないような
短いストーリー。取り立てて大きな事件が
起きるわけでもないのに、老婆との
やり取りの中で、男の気持ちに劇的な
変化が起きる。男は盗人になる決意を固め
闇の中に消えていく。

下人も、老婆も、「生きるため」というレベルで
考えれば、善悪などは意味を持たない。
そして芥川は、それを是とも非とも断じない。
人間とはこれほどにも不確かなもの。
淡々としているけれど、妙にぞくりとする。

学生時代に、漱石や龍之介を読んでいた頃は
こういう名作は、読んでおかなければいけない
みたいな、変な義務感みたいなものがあったけど
実はドラマチックな話のほうが面白くて
こうした地味な短編を、ていねいに読める
能力がなかったのだと思う。

それにしても、この「羅生門」のインパクトのある情景描写と
ほぼ全編心理劇の「藪の中」を
見事にドッキングさせた黒澤明監督のセンスは
改めてすごいと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

未読ですが…。

こんにちは。
カリメン2号です。

小説版の『羅生門』は未読ですが、映画の方は観ました。
純文学の名作を、映像に起こせる黒澤明監督は、流石だと思います。

映画も凄いですね!

こんばんわ コメントありがとうございます!

昔は、教科書に載ってる作家なんて面白くないという
変な先入観もあって、流し読みしてました。
今回初めてなぜ「芥川賞」ってものがあるのか
分かったような気がしました(笑)

そして小説に書かれた情景から
あのインパクトのある
オープニングの映像を作り上げた
黒澤監督の感性は、改めて凄いと思いました。

来年もよろしくお願いします。よいお年を~!
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
989位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
454位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア