スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談

「怪談」(1964 S39) 東宝
監督は小林正樹

原作は小泉八雲の「怪談」

第一話 黒髪  三国連太郎 新珠三千代 渡辺美佐子

第二話 雪女  仲代達矢 岸恵子

第三話 耳無芳一の話 中村賀津雄 丹波哲郎 志村喬

第四話 茶碗の中  中村翫右衛門 杉村春子

一話目の「黒髪」のラストはどくろが出て、死ぬほど怖かったことを
ぼんやりと覚えている。好きだったのは「雪女」と「耳無芳一」で
怖いというよりもの凄く美しいという印象が強かった。当時は夏
になると「怪談○○○」という映画(かさねが渕とか化け猫物)な
んかもたくさんあったけれど、それらとはスケールや質感が違った。
でも「怪談○○○」系のちょっとチープな(ごめんなさい)雰囲気
もけっして嫌いじゃないので、最近でもケーブルで放送されたり
したら、何となく見てしまう。

この「怪談」という映画。調べてみたら、制作費が3億円を軽く超
えていて、製作したのは若槻繁という方が代表の、にんじんくら
ぶという芸能プロダクションだったらしいが、興行の売り上げは
2億2500万円ほどで、製作費に届かず、それが原因でにんじ
んくらぶは倒産したといういわくつきの大作であったらしい。

上に書いた主役級以外でも、林与一、北村和夫、田中邦衛
中谷一郎、滝沢修、佐藤慶、奈良岡朋子、花沢徳衛、長山藍子
神山繁、菅井きん、小林昭二、天本英世 等々 昭和の映画や
演劇、テレビで活躍した名優たちがずらりという豪華さだった。

余談だが、先日ツタヤに行ったら、この「怪談」のDVDに「傑作」
とキャプションがついて、目立つように平置きされていたのに
ちょっと感動した。
岸恵子
3591円
powered by yasuikamo
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
601位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。