桐島、部活やめるってよ

いい年をして、十代の感性に共感できるのかという
不安もあったし、先に観た家族の評価がイマイチだった
のだけれどヒタナカさんの「カゲヒナタのレビュー」では
2012年度のベスト映画の2位という高評価。

もしかして、視点を変えて観たら、すごく面白いのか
というのが、ずーっと気になっていたので、観てみた。

「桐島、部活やめるってよ」(2012)

原作 朝井リョウ
監督 吉田大八
出演 神木隆之介、橋本愛、東出昌大 etc

で、観終わって「ああ、これ映画好きな人は好きだわ」
と思った。タイトルになっている「桐島」なる人物が
結局最後まで登場しない設定とか、同時進行の出来事を
登場人物ごとに分ける見せ方とか、マニアの方が観たら
細かいところまで、うまく出来てると思われるのだろう。

私が一番好きだったのは、オタクな映画部の部長前田
(神木隆之介)が「鉄男」という映画を観に行った映画館で
同級生の美少女かすみ(橋本愛)と出会うシーン。

映画好きの人間が、そうでもない普通の人と、映画の話を
する時の、ものすごく微妙な気持ちの揺れみたいなもの。
「どこまでなら話しても大丈夫かな」
「どんな話だったら知ってて、のってくれるかな」
「こんなこと言ったら引かれないかな」
しかも相手がすごく可愛い女の子なのに、自分と同じ
ちょいとマニアックで、結構グロい映画を観てることで
<気が合うかも、趣味が合うかも>と、テンションMAX。
いやあ「分かる、分かる」と、そこまで煎餅かじりながら
ぼやぁっと観てたのが、一気にポイントがはねあがった。

その場面を含めて、他の生徒たちに見下されたり
冷笑されたりしている、映画部が奮闘するシーンは
最高だった。その他の、スポコン要素とか、恋バナとかは
まあ、普通というか何というか。

でも「桐島」なる生徒を追っかけて狂奔する
桐島の友人たちとか彼女とかの集団見てると
ちょっと先日からの某アイドルクループ解散騒動を
連想してしまった。たとえ<ソレ>が虚像だろうが
はたまた幻想、幻覚の類いだろうが「いる」ということが
それほど重要なことなのだろうか。そして、彼らは
いったい桐島に何を求めているのだろう。

私には、時代遅れの8ミリカメラの良さについて
彼なりに熱く語る前田を含め
ホントに楽しげにゾンビ映画作りにチャレンジする
映画部員たちのほうが、よほど揺るぎのない生を
生きているように感じられたのだ。

前田の、切ない片思いは、あっという間に撃沈されて
してしまうけど、彼はちゃんと映画の中で(妄想だけど)
リベンジを果たす。彼の中では、やっぱり映画への愛が
恋愛に勝ってる。それを、オタクの負け惜しみなんて思う人は
映画の本当の面白さを知らないんだろうなと思う。

でも、これ、映画部が出てくる話じゃなかったら
たぶん途中で止めてた、そういう映画でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

映画好きのための映画

こんにちは。
カリメン2号です。

確かに、あの映画は映画ファンのための映画といっても過言ではないですね。
特に構成が面白く、最後まで桐島という人物が、映像として出て来なかったのも面白いと感じました。
確か2012年度の邦画ベスト3の2位だったと思います。
そういう意味でも、映画ファン好きの作品だったように思います。

ゾンビ映画の面白さが分かったかも

カメリン2号さん
こちらにもコメントありがとうございます!

あの映画についての会話のシーンは
観てて胸が痛くなりました。
こうしてブログを書いてても
自分としてはすごく盛り上がってるんだけど
どんな風に書いたらそれが伝わるだろうかって
頭悩ましていますから。

でも「桐島~」を観て、今さらですが
どうしてゾンビ映画に固定ファンがいるのかが
ちょっとわかったような気がします(笑)

根強いファン

こんにちは。
カリメン2号です。

ゾンビ映画には、根強いファンが居ますからね。
ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』やサム・ライミ監督の『死霊のはらわた』なんかが、有名どころですね。

B級グルメ?

ゾンビ映画って
素人でも作ろうと思えば作れなくはない
っていうのが驚きでした。

あの、ホラーと呼ぶには
すごくゆるくて、アナログで
でも色々なバリエーションがあるのが
ファンを惹きつけるのでしょうね。

B級グルメみたいなものですね(笑)


プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
224位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア