死神の浮力

千葉さんは死神だ。
彼は、死ぬことが決まっている人間の身辺を
一週間調査して、問題がなければ
調査部に「可」の報告をする。
すると対象者は8日目に死亡する。
ただし自殺と病死は死神の管轄ではないらしい。

伊坂幸太郎さんの小説は、若干合う合わないが
あるが、千葉さんが活躍する?「死神の精度」と
「死神の浮力」は面白い。

本城という若い男が、山野辺という作家の小学生の
娘を殺害する。しかし本城の犯罪を立証する
確実な証拠はなく、本城は無罪で釈放される。
本城が真犯人であることを知っている山野辺
夫妻は、司直の手には委ねず、自分たちで本城
に凄惨な復讐をすることを決心した。

そして、山野辺氏の調査のために、夫妻に近づいた
千葉さんは、結果的に夫妻の復讐を全面的に
手助けするということに。

「死神の浮力」は、いわば「必殺仕事人」の
ダークファンタジー版だ。
「目には目を、歯には歯を」それのどこが悪い?
私も心からそう思う。
何の罪もない肉親を、無残に殺された人間の
悲しみ、怨み、憎しみは、犯人が法で裁かれたから
といって、和らぐものでも、まして消えるものでもない。

不公平も、不平等も、不合理も
いつの時代も、どんな社会にもあって
不満や怒りを抱えるのは人間の常だ。
けれど、それで争いを始めたら
至るところ死人だらけになって、さすがにマズい。

だからそれを、物語とか、映画とか、音楽とかに
変換して追体験することで、生な感情を浄化させる。
それは芸術といわれるものの、大切な役割なのだ。
だから、そういうジャンルまでが、建前だらけ
きれいごとだらけになってしまったら
それはそれで問題があるように思うのは私だけ?

伊坂幸太郎さんの小説は、死神シリーズを
含めて、不道徳だったり、非常識だったり
反社会的だったりする設定や展開も多いけど
ほとんどの作品が、ある意味異世界ファンタジーだから
後味は悪くない。

その中でも、特にこの死神千葉さんが好きなのは
死神の視点から、人間界のすべての事象を見るので
どこかととんちんかんでずれてておかしい。
本城のことを「あの男は、良心がない人間なんですよ」
という山野辺に、良心を両親のことだと思って
「クローンというやつか」と言ったりする。
しかも千葉さんが人間界で仕事をしている間は
いつも雨という、いかにもなロケーションも素敵です。

死神シリーズ、ぜひもう少し続けてほしいと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
412位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア