猿の惑星 新世紀(ライジング)

おととし映画館で観た映画で
一番面白かったのが「猿の惑星 新世紀」だ。
予告映像で、馬に乗った猿がずらりと並んだ
シーンを見て、ビビッときて劇場へ。
「新世紀」の前日譚の「創世記(ジェネシス)」は
映画を観に行く直前にDVDで観た。

「猿の惑星」の第一作(1968)が封切られた頃は
反社会的で破滅的なアメリカン・ニュー・シネマの
「俺たちに明日はない」とか「真夜中のカーボーイ」
なんかにかぶれ始めた頃で、SF映画なんかには
ほとんど興味がなかった。

だから「猿の惑星」も、「スター・ウォーズ」も
一作目だけは、観ることは観たのだが
ものすごく印象に残る映画にはならなかったのだ。
けれど人間変われば変わるもので
伊藤計劃さんの小説にハマって以来
SF映画を面白く観ることができるようになった。

というわけで「猿の惑星 新世紀」
「もうシーザー最高、シーザー素敵
ちょっと毛深いけどシーザー男前」
半年間寝ても覚めても「シーザー、シーザー」と
連呼しておりました。

今回の「猿の惑星」シリーズのテーマもやはり
人種差別や、そこから起きる紛争、あるいは戦争だ
ということは、たくさんの、優れたレビュアーさんが
書かれていて、今さら書き加えるようなことはないのですが
これまでに作られた「猿の惑星」シリーズとの
大きな違いで、私が「これ、いい!」と感じた点。
それは「彼らは人間になりたいわけではない」というところ。

以前の「猿の惑星」シリーズでは、猿が言葉をしゃべる
だけではなくて、人間とまったく同じに服を着て
人間と同じような社会を作っていたのが
今作では、動物としての本態を維持しながら
人間と互角に対峙する。
人間こそが最高の、最良の存在という視点じゃない。

「創世記(ジェネシス)」での、子ども時代のシーザーは
人間の子どもとまったく同じに
可愛い子ども部屋があって、服も着ていた。
けれど育ての親のウィルと訣別してからのシーザーは
自分がエイプであることに、大きな誇りを持っている。

言葉を使うとか、協力しあって行動するとか
人間の良いところ、優れたところは取り込みながら
「銃はだめだ」と、自分たちに不必要で
害悪をもたらすものは、どれほど力があるものでも
きっぱりと拒絶する。

大切なものはHOME(家)FAMILY(家族)そしてFRIEND(友だち)

相変わらず核を振りかざして、際限のない
パワーゲームを繰り広げてる人間なんかより
お猿さんたちのほうが
何が一番大事なのかを分かってて
よっぽど賢くて高潔だよ。

「もう総理大臣はシーザーでいいよ。
シーザーで決まり」と、少し頭が冷えた今でも思っています。
結局「創世記」も「新世紀」もDVD買いました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは私も

こんばんは。

この「猿の惑星」新シリーズは私もとても気に入っています。特にこの「新世紀」はもう完全に猿目線で映画見ちゃってアツかったですね。思わずシーザーの家来となってついて行きたくなる気分でした。

アカデミーしょぉ~!

しろくろ様 コメントありがとうございます!

映像技術もここまできたかというくらい
お猿さんたちにリアリティがありましたよね。

シーザーにはぜひアカデミー賞を取って
ほしかったのですが(笑)

来年完結編が完成するようで
最後まで猿軍団を応援するつもりです。
たとえ人類が滅亡したとしても(笑)

現代病への医療的アプローチ

こんにちは。
カリメン2号です。

過去に制作された『猿の惑星』は人間の科学技術(主に核兵器)に対する痛烈な批判でした。
『創世記』では科学技術の批判というスタイルは変わってないですが、それがアルツハイマー病の治療と、人間が科学技術を使って神の真似ごとに対する批判が感じられました。
『新世紀』では過去の作品の踏襲のように感じます。

ほとんど直感だけで

カメリン2号さん コメントありがとうございます!

「創世記」で、シーザーがバスの上に
仲間と立っている場面で「うわー、カッコいい~!」と叫んで
家族に白い目で見られました。

どの映画でもそうなのですが
テーマについて書くと、何かとボロが出そうなので
もうほとんど直感だけで書いています。

それでもこうして感想を寄せていただけて感激です!

直観が重要

こんにちは。
カリメン2号です。

映画を鑑賞する上で、直観は非常に重要だと思います。
自分なんか、面白いと思ったり、カッコいいと思ったことに対して、何故なのかという理由付けをしているにすぎませんから。
どうも自分は、ただ楽しむということが、あまり出来ないんですよね。
そういう楽しむという部分は、とても重要なのだと思います。

大ざっぱ過ぎて

カメリン2号さん、コメントありがとうございます!

エンターテイメントだと「面白かった~」でも
何とかなるのですが
面白いところがいろいろある映画の時は
どこが、どんな風に、一番面白かったのかを
伝えるのに苦労します。

カメリン2号さんのように
そこを詳細に的確に分析できるのが羨ましいです!
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
770位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
359位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア