ノーカントリー

かなり前からタイトルは知っていた。
何となく一度は観ておかなければいけない
映画という気がしていて、録画したのを観た。

ノーカントリー(2007)

監督・脚本 コーエン兄弟
出演    ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム
       トミー・リー・ジョーンズ

冒頭から、いきなり凄惨な殺人の場面で
「ん、これはスプラッター系のホラーなのか。
でも確かアカデミー賞取ったって聞いたような」と
いささか煙に巻かれた気分で観ていた。

ひと言で言えば、黒髪のオカッパ頭の殺し屋が
主に牛を殺すために使われるスタンガンで
手当たり次第に人を殺していく話ということになる。
映画通の人からは怒られそうな要約だが。

例えば「ヒッチャー」のジョン・ライダーや
「セブン」のジョン・ドウ
「ハンニバル」のレクター博士や
「ダークナイト」のジョーカーが、
一見血も涙もない殺人鬼に見えながら
驚くほど饒舌だったり、知的だったり
実は意外に熱かったのに比べると
「ノーカントリー」のオカッパの彼、アントン・シガーは
至ってクールだ。(ダサいけど)
なぜなら彼にとって、殺しは仕事だから。

この場合の仕事とは
事業とか商売という意味のビジネスではなく
任務という意味のタスクでもなく
自分の能力をフルに使って地道にやる作業
つまりワークということなのだろう。

シガーにとって、殺人は、依頼された
奪われた金を取り戻すという最終の目的を
達成するために必要な手順。
つまり彼は職人であり、ある意味匠であり
自分のルーティンなり
アナログなやり方にとことんこだわるプロなのだ。
確かに殺人者を描いた映画の中ではとても
ユニークなんではないだろうか。

原題の「No country for old men」は
シガーを追う老保安官の述懐から
「こんな理解不能の犯罪が増えたこの国には
年寄りの居場所はない」と解釈されているが
実は、シガーという殺し屋も、誰にも組せず
酸素ボンベみたいなのを引きずって歩く
あの殺しのスタイルからして、何とも泥くさく
全然効率的でもなく、現代風でもない。
やがては消えていく運命なのじゃないかと思ってしまう。

そのシガーがこだわるスタイルが
微妙に揺らぐシーンがある。
その中のひとつが、映画の終盤で
シャツをくれた少年たちを、シガーは殺さず
「俺を見なかったと言え」と言う場面。
殺し屋という仕事を、地味にやりつつも
この世界には存在しない人間として生きること。
案外それこそが、シガーの本当の目的だったのかも
知れない。

観る人間によって、幾通りの解釈もできて
観終わった後に、とても奇妙な余韻が残る
そういう意味ではかなり面白い
良い映画ではないかと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分なんかは。

こんにちは。
カリメン2号です。

自分が感じたのは『ノー・カントリー』は、現代版の『パルプ・フィクション』なのではないかと感じました。

独特の魅力

カメリン2号さん こちらにもコメントありがとうございます!

「パルプフィクション」は、トラボルタが苦手で
観ていないのです。ホントに食わず嫌いで(笑)
真の映画ファンとはいえないですね。

この映画では、シガーのキャラのユニークさに
魅了されました。邦画の俳優さんでも、柄本明とか
佐野史郎とか、気持ちが悪い役がうまい俳優さんが
結構好きなもので。

食わず嫌いでも良いと思います。

こんにちは。
カリメン2号です。

食わず嫌いでも良いんじゃないでしょうか。
正直に言いますと、トラボルタが苦手なのは分かります。
作品によっては、とても気持ちの悪い演技をしている時があるように感じますから。
それにタランティーノ監督の編集が、苦手な映画ファンは多いのではないかと思いますし。

シガー役のハビエル・バルデムの演技は、非常に良かったと思います。
実力のある個性は俳優さんが好きなんですね。
自分なんかは、重たいテーマの作品ですが、彼の主演していた『海を飛ぶ夢』という作品は名作だと思っています。
その頃から注目の俳優さんだなと思っていました。
プロフィール

田中偲

Author:田中偲
50年以上映画を見続けてきた、でもただのミーハーな映画好きの、備忘録的感想文

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
amazon
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
706位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア